ジャム・セッションin高知

オールジャンルで敷居の低い、ジャム・セッションin高知では、毎月セッションを主催しています!当ブログでは、セッションなどのイベント開催情報、ジャム・セッション動画などご覧になれます。また、【セッションを10倍楽しむ方法】【グルーヴについての考察】【名演、名盤紹介】【セッション定番曲紹介】など、様々な情報を記事にしています。

【次回セッション情報】
ジャム・セッションin高知主催
『Thursday Night Session』
2017.8/17(木)
20:00~23:00
at キャラバンサライ(3Fホール)
参加費1,000円

【セッション超初心者講座】
※20:00~のジャム・セッション参加者の方限定!(見学含む)
2017年8月17日(木)
19:00~19:45
at キャラバンサライ(3Fホール)
参加費 1.000円(セッション参加費込みで2,000円)
講師:勝賀瀬裕典
スポンサードリンク





『Monday Night Session』
2017.4/17(月)
20:00~23:00
at キャラバンサライ(3Fホール)

今回の参加者は16名

ギター3名
ベース3名
ドラム5名
鍵盤4名
トロンボーン1名

セッションした曲は以下の通りです。(コード譜へのリンクあり)
 続きを読む

kyas

高知在住のウクレレ奏者/ギタリスト/作曲家のKYAS(キャス)さんをご存知でしょうか?
高知で音楽されている方なら、知っている方も多いと思います。

音楽教室『楽器堂オーパスクラブ』屈指の人気講師でありながら、アジアを中心に世界を股にかけて活躍するウクレレ奏者でもある彼。
そんな人気者のKYAS(キャス)さんですが、この度、ハワイの音楽の祭典、NĀ HŌKŪ HANOHANO AWARDS(ナ・ホク・ハノハノ・アワード)にノミネートされました!

NĀ HŌKŪ HANOHANO AWARDS(ナ・ホク・ハノハノ・アワード)は、ハワイ版グラミー賞とも称され、ハワイで最も権威のある音楽賞です。

続きを読む

42


音楽をある程度やっている人ならば一度は目にした事がある、“分数コード” について説明します!
“分数コード”とは、“オン(on)コード”とも呼ばれ、「C on B」や「G / B」などの様に表記されます。
「G / B」の場合、「G」が分子、「B」が分母となります。

分数と言っても、数学の様に「G」を「B」で“割る”訳ではありません。

このような分数コード表記は、「分子のコードのルート音とは違う音をハーモニーの最低音に指定する」時に使用されます。
具体的に言うと、「G / B」の場合、「G」のコードの構成音、「G,B,D」をコード楽器などが演奏し、ベースなどの最低音楽器が「B」を演奏するように、演奏者へ指示しているのです。
通常「G」コードが出てきた場合、ベースなどの最低音楽器は「G」を演奏しますから、分数コード「G / B」が出現した場合は、製作者が狙ってそのハーモニーを指示している場合が多いです。

ここで、分数コードに対する間違った認識から、演奏者が犯しやすい過ちを幾つか紹介します!
 

 続きを読む

_SL1500_

Kendrick Lamar(ケンドリック・ラマー)の新作、『DAMN.』が発売になりました!
早速Apple Musicで聴いてます!

タイトルからして前向きな明るいアルバムで無いことは分かりますが、ざっと聴いた感じは『To Pimp a Butterfly』よりも、ダウナーな印象でした。
そういうアルバムを通して一貫した雰囲気があると、カッコいいですよね!

続きを読む

iReal用データ
(※表示には『iReal Pro』が必要です)
【DL→】Little Wing.html

Dropbox
無料
(2015.11.27時点)
posted with ポチレバ
11


テーマは以下の書籍をご参照下さい。
続きを読む
スポンサード リンク

↑このページのトップヘ