今回は、Marvin Gayeの歴史的名盤『What's Going On』を紹介します!


Marvin Gaye(マーヴィン・ゲイ)は、世界中のミュージシャンに多大な影響を与えた偉大なSoul/R&Bシンガーであり、クリエイターです。
後のミュージシャンに影響を与えただけではなく、誕生日の前日に父親に射殺された後も、彼の楽曲はたくさんの人々にサンプリングされ、新しい音楽を生み出し続けています。 

marvingaye

今回紹介するアルバム『What's Going On』は、彼の作品の中でも一番優れたアルバムです。
1971年にリリースされました。
それまでモータウン所属のブラックミュージックのミュージシャンは、“愛”についてばかり歌っていましたが、このアルバムは初めて“反戦”“平和”などの社会的問題を取り上げ歌ったアルバムであり、大きなセンセーションを巻き起こしました。
 
 


このアルバムは通して聴いたら分かるように、30分以上ずっと同じ曲が流れているかのように、曲が展開されていきます。
随所に同じメロディが出て来たり、メッセージの一貫性であったり、まさにコンセプトアルバムと呼ぶにふさわしい内容です。

録音環境も非常に素晴らしく、いい環境で聴けば没入感に浸れます。
身を委ねていると、ファンク・ブラザーズの演奏が、マーヴィンの歌が、体に染み込んできます。

『ローリング・ストーンの選ぶオールタイム・ベストアルバム500』で、6位に選ばれています。

Clip to Evernote このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
スポンサード リンク