バンドの練習などでよく、「もっとモタって」だとか、「そこはレイドバックさせて」などという言葉を耳にする事があると思います。

意味合いとしては、“ジャストのタイミングより遅いタイミングで音を鳴らす”と言う風に使われる事が多いように感じます。 
かなり感覚的な使われ方ですので、この事についてはかなり誤解が多いように思います。

【グルーヴ】って何?(4)「タメと瞬発力」で書いた通り、タメた後には瞬発力が必要となってきます。

その感覚を身につける考え方を順を追って説明したいと思います。



①裏拍の存在を意識する

これは基本中の基本で、リズムを意識する上では欠かせない感覚です。
手拍子をする時、叩いた後に必ず手を離す動作を行うはずです。

手拍子
(c)Evan-Amos

叩く時が表、離す時が裏です。
音を「出す」事に意識すると、この裏の存在を忘れがちです。
しかし、表があれば必ず裏がついてきますので、この存在を常に意識しない事には、何もはじまりません。

 

②出した音の終わりを意識する

次の段階では、音の終わりを意識します。
出した音は必ずどこかで消えます。
これも、音を出したのならば必ず起こる現象です。 

その終わりが意識出来るようにしましょう。 
そうすることで、例えば手拍子ですら、音の「長さ」を感じられるようになります。 

音の終わりと裏を同時に意識すれば、手拍子をした後で手を離したタイミングで音が終わったと「感じた」と思います。
そしてそのタイミングは、自在に操る事が出来るはずです。 

 ③音が出るまでの時間、“ねばり”を意識する

これは、手拍子だと少し分かりづらいです。
指パッチン”にしましょう。


指を引っかけてから、“パッチン”するまでに、時間があると思います。
「ねばり」の時間です。
そこの時間を意識する事がとても重要です。
これも、「音を出す」と思えば思う程、意識されにくくなりますので、意識して感じるようにしましょう。

この場合、「ねばり」と「パッチン」だけのように感じるでしょうが、実はそれだけではありません。
この後に、また指を「引っかける」動作があります。

実はリズムとは、表と裏だけでは片付けられないんです。指パッチンだけでも、3つの動作の関係によってリズムが生み出されるんです。
「ねばり」と「引っかける」部分には、自由な時間を与える事が出来ますよね。

それこそが「モタり」や「レイドバック」の正体なんです!


④じっくり「ねばる」ほど、次の動作は素早く!

ここまで意識出来たなら、あとは自由に「モタり」をコントロールしてもらうだけなのですが、ここで、しっかりと①〜③全てを意識出来ていないと、自然にリズムにのる事が出来ません。

一番多い勘違いは、「レイドバック」=「遅れて音を出す」 だと思ってしまっているパターンです!

弓道をイメージして下さい。 
kyudo
 
ぎゅっと弓を引き絞った後、矢が勢い良く飛んで行きますよね?
そのとき、弦の部分も素早くもとの位置までに戻ります。
ぐっと引き絞れば引き絞るほどです。
この緊張と緩和をイメージしてみて下さい。

弓を引き絞る時間が「レイドバック」です。
その後、溜めたエネルギーは一瞬で発散されます。
間違った認識の場合、溜めたエネルギーの“発散”の部分が抜けている場合が非常に多いです。

弓をぐっと引き絞って、その後矢を放たずにゆっくり元の位置に戻す。
これの繰り返しで、「レイドバック」 させていると勘違いする間違いが多いのです。

⑤自分の楽器で実践してみよう!

このイメージが出来たなら、あとは自分の楽器に置き換えて実践あるのみです!

楽器によって、またはそれぞれの体によって、「緊張」と「緩和」の仕方も違うと思います。
そしてくれぐれも忘れて欲しくないのが、【グルーヴ】って何?(6)「ずらし」 で書いたように、自分のイメージが体を通して楽器に伝わり、結果として音が鳴る、という流れです。

「モタり」を意識するあまり、楽器の演奏に集中しすぎないように気をつけましょう! 
Clip to Evernote このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
スポンサード リンク