21

Flying Lotus(フライング・ロータス)やKendrick Lamar(ケンドリック・ラマー)の作品にも参加している、Kamasi Washington(カマシ・ワシントン)のデビューアルバム、『The Epic』がすごいです!

デビュー作にして3枚組、時間にして170分、6分〜10分超の曲が17曲も入っています!
そして、そのどれも重厚で濃厚、そして壮大な音楽の塊のようです。
壮大なジャケットの通りの音が収録されています。

参加ミュージシャンは総勢60名以上! 
これは、紛れも無いジャズアルバムです。
王道と言われるような内容のジャズですが、古臭さが全くない!
最初から最後まで、溢れるような躍動感、高揚感に圧倒されます。
そして気づけば170分経っています。

研鑽されたジャズの技術と知識、経験はもちろんの事、現状に満足せず更なる高みを目指し続けた結果がこのアルバムだと思います。
Kamasi Washington(カマシ・ワシントン)の“獣の咆哮”の様なサックスプレイは本当に圧巻ですよ!



【ディスク1】
Change Of The Guard  12:16
Askim  12:35
Isabelle  12:13
Final Thought  6:32
The Next Step 14:49
The Rhythm Changes  7:45

【ディスク2】
Miss Understanding 8:46
Leroy And Lanisha 9:24
Re Run 8:20
Seven Prayers 7:36
Henrietta Our Hero 7:14
The Magnificent 7 12:48

【ディスク3】
Re Run Home 14:06
Cherokee 8:14
Clair de Lune 11:08
Malcolm's Theme 8:41
The Message 11:11

メイン・パーソネル
・Kamasi Washington- Tenor Saxophone
・Ryan Porter- Trombone
・Igmar Thomas- Trumpet
・Cameron Graves- Piano
・Brandon Coleman- Keyboards
・Miles Mosley- Acoustic Bass
・Stephen Bruner- Electric Bass
・Tony Austin- Drums
・Ronald Bruner- Drums
・Leon Mobley- Percussion
amazonより



 

 

 



後に歴史に残る名盤になるんじゃないでしょうか。
これは、絶対に買うべきだと思いますよ!



Clip to Evernote このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
スポンサード リンク