music-back052
今まで、どれだけの音楽を聴いてきましたか?
また、どれだけの人と音楽を演奏してきましたか?

人それぞれ、違った音楽を聴き、それぞれ色々な人たちと演奏した経験があると思います。
それらは全て、経験として自分の中に蓄積されていきます。
そして、今まさに自分が演奏している音は、それら全ての経験によって出来ています。

そう考えると、新しい音楽、古い音楽、新しい音楽仲間、昔の音楽仲間、全てがとても価値のあるものだと思いませんか?

また、素晴らしい事に、それぞれ関わった音楽家に影響を与えた音楽の恩恵すら、間接的に経験出来ます。 
例えば、D'angelo(ディアンジェロ)を聴けばPrince(プリンス)、James Brown(ジェームス・ブラウン)のファンクネスや、Marvin Gaye(マーヴィン・ゲイ)やAl Green(アル・グリーン)のソウルを間接的に経験出来ます。





そしてどんどん深く掘り下げていくとブルースやゴスペル、更にアフリカ音楽、西洋クラシック音楽なども間接的に経験している事になります。



自分が今演奏している音は、間接的、直接的に経験した全てのミュージシャンの歴史の上に成り立っているんです。そして、自分もその歴史の一部なのです。
自分の音楽を誰かが経験する事により、その歴史は更に広く伝わっていきます。


なので、ミュージシャンはどんどん新しい音楽を体感し創っていくべきですし、どんどん古い音楽を吸収すべきです。
そうする事で自分の演奏はどんどん複雑で味わい深い、オリジナリティ溢れるものになっていくはずです!

自分の音楽性は、触れた音楽の“数”と“質”で決まると言っても過言ではないでしょう!
沢山の音楽を聴き、沢山のミュージシャンと繋がりましょう!

ジャム・セッションは沢山のミュージシャンと繋がれるチャンスですので、是非活用して下さい!
Clip to Evernote このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
スポンサード リンク