36

ボロボロのアコースティックギターに張った1本の弦で、ブルース、レゲエ、カントリー、ソウル、カリプソなど、様々なジャンルの音楽を表現し、最高のグルーヴで歌い上げるBrushy One String(ブラッシー・ワン・ストリング)をご存知でしょうか?

以前、ネットを中心に話題になったので、知っている人は少なくないと思います。

彼はジャマイカの首都、キングストン在住のシンガーで、レゲエシンガーFreddie Mckay (フレディ・マッケイ)の息子だそうです。
ミュージシャンとしての才能は父親からもしっかりと受け継いでいるようですね。

今回紹介する動画は、NPR Music Tiny Desk Concertでのライブ動画ですので、高音質高画質で3曲もじっくりと堪能出来ますよ!



弦を1本だけ張ったギターですが、ボディを叩く事でパーカッションとしても使っています。
1本だけの弦で奏でるフレーズ、これはまさにベースラインですよね。

この二つと歌だけでこれだけ多彩なジャンルの音楽を表現出来るという事は、「ベースライン」「リズム」「メロディ」の3つがあれば大概の音楽ジャンルは表現出来るという事です!

少なくともBrushy One String(ブラッシー・ワン・ストリング)の表現したい音楽にとっては、それ以上のものは必要ない、という事でしょう!
それは、動画を観れば一目瞭然ですよね。



こちらが数年前話題になった時の動画です。
Brushy One String – Chicken in The Corn (Official Video) 





アルバムも数枚発売されています!

このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサード リンク