14902974_1365251590186950_2420470771325555898_o

セッションで役に立つイベントのお知らせです!
 
ジャム・セッションin高知の常連プロミュージシャン、 西岡良治さんによる講義エンターテインメント、“あらまし”第8回です。

毎回、和音やコード展開、バークリーメソッドなどの音楽理論など役に立つ情報を提供してくれる“あらまし”ですが、今回は『イヤトレ!』ということで、音感がテーマのようです。

音感は、セッションのみならず音楽をする上で非常に重要な能力です。
是非ともたくさんの方に学んでいただきたいと思います!
 

【イベント詳細】
2016年11月15日(火)
open 19:30
start 20:00(90分)
¥1,000- (※ワンドリンク代別途500円が必要)

音楽をやっていると「耳がいい」とか「音感がある」ことがとても重要な要素だと気がつくと思います。そしてその事が重要であるあまり、これらの能力を「才能」だとか「若いうちにしか鍛えられない」という偏見が形成されがちです。実際のところ「なにをやればいいのだろう?」という疑問を持ったまま結局やらずにいる人が多いはずです。

音感を鍛える方法は諸説知られていますが、その中で(恐らく現在最もポピュラーな)バークリー音楽院が提唱する『パフォーマンス・イヤートレーニング』を実践するのが今回の『あらまし』です。やることはとてもシンプルで、一言でまとめれば「視唱」なのですが、なぜ視唱をすることが音楽生活を良くしていくのかを理論的に解説していきます。

そして皆さんに実践していただいて、90分の制限時間内で驚くほどの効果を自分の中に発見できるでしょう。コードがすぐに分かる、リズム感がよくなる、自分の思い描く音を演奏できる、想像通りの作編曲ができるようになる為の訓練方法です。決して「才能」や「年齢」のせいで逃してはいけないスキルです。ピンときた方は迷わずご参加ください。

※楽器は必要ありません。お体一つでご来店ください。




12562837_10153829654738913_1971187287_o

西岡 良治(牛心。)
プロフィール
高知を拠点に活動する音楽家/ギタリスト。
1980年生まれ。
甲陽音楽院コンテンポラリーミュージック科卒業後、2005年より音源製作のキャリアをスタートする傍ら、2007年にアメリカBerklee College of Music(Jazz Composition科)に入学。
同年のDeans List(優秀生徒名簿)に選出される。

David Fiuczynski(デヴィッド・フュージンスキー)、Scotty Johnson(スコッティ・ジョンソン)、和田清茂、岸本耕誌などにギターを師事。

覆面作曲ユニット「TOTE ELIOT」、モダンジャズギターデュオ「銀牛」、「よさこいチーム‘ひとひら’」等で『牛心。-ushikokoro-』を名乗り活動中。
よさこい祭りの楽曲製作は100曲以上にのぼり、2014年には武政栄策賞を受賞。
beefsoulstudio主宰。
Clip to Evernote このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
スポンサード リンク