_SL1400_

ジャズ・サックス奏者、Marcus Strickland(マーカス・ストリックランド)の2016年のアルバム『Nihil Novi』がすごく良かったのでオススメします!アーティスト名義はMarcus Strickland's Twi-Lifeとなっています。

このアルバムは、Meshell Ndegeocello(ミシェル・ンデゲオチェロ)をプロデューサーに迎えて制作されています。この時点で良作になるのは間違いないんですが、参加ミュージシャンもすごく良いんです!


Robert Glasper(ロバート・グラスパー)/ Pf.
Keyon Harrold(キーヨン・ハロルド) / Tp.
Jean Baylor(ジーン・ベイラー)/ Vo.
Chris Bruce(クリス・ブルース)/ Gt.
Mitch Henry(ミッチ・ヘンリー)/ Org.
BIGYUKI(平野“Bigyuki”雅之) / Key.
James Francies(ジェームス・フランシーズ)/ Key.
Pino Palladino(ピノ・パラディーノ)/ Ba.
Kyle Miles(カイル・マイルス)/ Ba.
Meshell Ndegeocello(ミシェル・ンデゲオチェロ)/ Ba.
Chris Dave(クリス・デイヴ)/ Dr.
Charles Haynes(チャールズ・ヘインズ)/ Dr.

このメンバーの中にBIKYUKIがさらっと入ってます。日本人が最先端のヒップなジャズコミュニティで地位を確立しているのも嬉しいですね!

メンバーがすごいからアルバム良いってもんでもないんですが、実際はメンツを知る前に曲を聴いた時点でカッコ良さのあまり唸り声をあげました。変拍子や複雑なコードなど、ジャズがバックグラウンドにあるのは間違いないんですが、全曲ジャンルレスな雰囲気で、さすがMeshell Ndegeocello(ミシェル・ンデゲオチェロ)といった感じです。Marcus Strickland(マーカス・ストリックランド)のどこか中近東を感じさせるプレイとの相性がすごくいいです。


収録曲“Drive”のライブバージョン



アルバムトレイラー






【曲目リスト】
  • 1. Tic Toc
  • 2. The Chant
  • 3. Talking Loud
  • 4. Alive
  • 5. Sissoko's Voyage
  • 6. Mantra
  • 7. Cycle
  • 8. Inevitable
  • 9. Drive
  • 10. Cherish Family
  • 11. Celestelude
  • 12. Mingus
  • 13. Truth
  • 14. Mirrors

このアルバムはおそらく、そんなに有名でないと思いますが、めちゃくちゃいいので是非たくさんの人に知ってもらいたいですね!



Clip to Evernote このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
スポンサード リンク