ジャム・セッションin高知

オールジャンルで敷居の低い、ジャム・セッションin高知では、毎月セッションを主催しています!当ブログでは、セッションなどのイベント開催情報、ジャム・セッション動画などご覧になれます。また、【セッションを10倍楽しむ方法】【グルーヴについての考察】【名演、名盤紹介】【セッション定番曲紹介】など、様々な情報を記事にしています。

【リズム強化ワークショップ】〜テンポキープの3原則〜
※20:00~のジャム・セッション参加者の方限定!(見学含む)
2017年12月20日(水)
19:00~19:45
at キャラバンサライ(3Fホール)

ジャム・セッションin高知主催
『Thursday Night Session』
2017.12/20(水)
20:00~23:00
at キャラバンサライ(3Fホール)

2015年02月

スポンサードリンク

セッションを10倍楽しむために参考にしてもらいたい事、今回は「シーンに合わせて音量を調節する!」です。

セッションに限らず、誰かと合奏する時に、音量というのは非常に重要な要素となります。
セッションの場では曲の中で様々な状況があり、その状況に適した音量で演奏する事が重要となって来ます。

しかし、「この状況ではこの音量で…」などと事前に決める事には何の意味もありません。
基本的にどのような考え方で音量を調節すれば良いかだけで十分です。
いくつかその考え方を書いておきます。

①自分が何を演奏しているのかが他の人に聴こえるような音量にする続きを読む

今回は、Erykah Badu の『Mama's Gun』を紹介します!



Erykah Baduは、いわゆるNeo-Soulと言われるジャンル(?)のアーティスト です。
ソウルクエリアンズ(SOUL QUARIANS)と名乗るミュージシャン集団として、ソウルミュージックを新しい次元へと導きました。
ソウルクエリアンズとは、2000年ころに全盛し、数々の名作を残した集団です。
メンバーは、Mos Def(モス・デフ)、Erykah Badu(エリカ・バドゥ)、QUESTLOVE(クエスト・ラヴ)、D'Angelo(ディアンジェロ)、Q-Tip(Q・ティップ)、Bilal(ビラル)、Common(コモン)、Jay Dee(ジェイ・ディー)、The Roots(ザ・ルーツ)など、他にも様々な才能が参加していました。
今見ると、すごいメンツですね!


 続きを読む

iReal用データ
(※表示には『iReal Pro』が必要です)
【DL→】 So What.html

36

いわゆる、モードの代表曲です。
コード進行という概念は無くして、スケール(モード)の変化で曲が進行します。
Dドリアンモード×16小節
Ebドリアンモード×8小節
Dドリアンモード×8小節
を繰り返します。

テーマは以下の書籍をご参照下さい。
続きを読む

03


名演は名演でも、名演「説」を紹介します!
 
Victor Wooten(ヴィクター・ウッテン)が語った素晴らしい内容のスピーチ動画、日本語字幕付きです。
プロでもアマチュアでも、音楽をやっているなら絶対に観た方がいいです!
音楽とか何なのか。。。 音楽家とは何なのか。。。
音楽について悩みがある方は、この動画を観れば、まるで霧が晴れるように悩みは解決するはずです!

続きを読む

今回紹介するのは、Princeです!
曲はアルバム『The Rainbow Children』より、“The Everlasting Now”です。




とにかくPrinceは、リズムのキレが半端ないんですよ!
そして、半端なくギターが上手い!ギタープレイもキレッキレ!
Funk好きなら絶対に押さえておきたいアーティストですよね!

 
スポンサード リンク

↑このページのトップヘ