ジャム・セッションin高知

オールジャンルで敷居の低い、ジャム・セッションin高知では、毎月セッションを主催しています!当ブログでは、セッションなどのイベント開催情報、ジャム・セッション動画などご覧になれます。また、【セッションを10倍楽しむ方法】【グルーヴについての考察】【名演、名盤紹介】【セッション定番曲紹介】など、様々な情報を記事にしています。

【セッション超初心者講座】
※20:00~のジャム・セッション参加者の方限定!(見学含む)
2017年11月16日(木)
19:00~19:45
at キャラバンサライ(3Fホール)

ジャム・セッションin高知主催
『Thursday Night Session』
2017.11/16(木)
20:00~23:00
at キャラバンサライ(3Fホール)

2015年03月

スポンサードリンク

Prince(プリンス)って、ギターめちゃくちゃ上手いの知ってました?

Prince-Purple-Rain

アーティストとしては超有名で、今までになんと40枚以上もアルバムを出しているんですが、上手いギタリストとしてはそこまで名前が出てこないですよね。

ローリングストーン誌の選ぶ【史上最も、過小評価されているギタリスト25人】 で第1位らしいです!

ちなみに、全順位は以下の通りです。続きを読む

今回の名盤紹介は、Jazzです!
Bill EvansとJim Hallのデュオアルバム、『Undercurrent』です!



Bill Evansはジャズピアニスト、Jim Hallはジャズギタリストで、このアルバムは終始二人による演奏のみです。

ギターとピアノは使用する音の帯域が近く、どちらもコードを鳴らす事を必要とされる場面が多いため、お互いが気を使わないと上手くいきません。
このアルバムは、普段ギタリストが邪魔でしょうがないピアノの方や、ピアニストとの演奏で何を弾いていいか分からなくなるギターの方に是非聴いていただきたい作品です!

二人の音使い、息の合い方が神がかってます!

特に、1曲目の“My Funny Valentine”がオススメです!続きを読む

セッションで、曲を全く知らない初心者の方が参加されたとき、「じゃあ、とりあえずブルースで!」という流れになる事が多々あります。

ブルース進行とは、元はブルースという音楽ジャンルから派生したコード進行の事です。
セッションに非常に適したコード進行で、なおかつ簡単な為、いつも重宝されます。
よく、「困ったらブルース!」みたいな感じになります。

しかし本当に何も分からない 初心者の方には、ブルース進行がいくら簡単であろうが知らないものは演奏出来ませんよね。「Eのペンタやってたら大丈夫だから!(^o^)」と笑顔で言われても、なんのこっちゃ分からないまま曲が進んでいっては楽しめません。
そもそも「ペンタってなに?」の状態な訳です。

なので、定番中の定番、ブルース進行について説明します!

①ブルース進行の特徴
 まず、ブルース進行には、いくつかの特徴があります。続きを読む

iReal用データ
(※表示には『iReal Pro』が必要です)
【DL→】Actual Proof.html

51
※コード表記を少しでも見やすくする為、シンコペーションの箇所(“くって”入るところ)やキメの位置は違っています。
あくまでコードの参考程度にとどめておいて下さい。
五線譜の楽譜はネットで落ちています。

テーマは以下の書籍をご参照下さい。

続きを読む

Kendrick Lamarの新作が発売されました!
タイトルは『To Pimp A Butterfly』

Kendrick new album

iTunesで販売中のようです!

ThundercatFlying Lotusが制作に関わり、Snoop DoggBilalGeorge Clintonなども参加しているようです!
続きを読む
スポンサード リンク

↑このページのトップヘ