ジャム・セッションin高知

オールジャンルで敷居の低い、ジャム・セッションin高知では、毎月セッションを主催しています!当ブログでは、セッションなどのイベント開催情報、ジャム・セッション動画などご覧になれます。また、【セッションを10倍楽しむ方法】【グルーヴについての考察】【名演、名盤紹介】【セッション定番曲紹介】など、様々な情報を記事にしています。

2015年05月

スポンサードリンク

2015.5/25のセッション報告です。

11108843_836301919784324_2280381394929981563_n


@キャラバンサライ

今回の参加者は23名

ギター5名
ベース6名
ドラム4名
鍵盤1名
サックス1名
ブルースハープ1名
ドラム兼鍵盤兼サックス1名 
見学のみ4名

今回もベースが多かったですね!

セッションした曲は以下の通りです。(コード譜へのリンクあり)続きを読む

COVERED

 ニューアルバムの発売が迫っている、Robert Glasper(ロバート・グラスパー)ですが、Youtubeに新しいLIVE動画があがっています!

35


曲は日系クォーターのシンガー、Jhené Aiko(ジェネイ・アイコ)の“The Worst”です。

ベースのVicente Archer(ヴィセンテ・アーチャー)、ドラムのDamion Reid(ダミオン・リード)共に最高の演奏です!続きを読む

iReal用データ
(※表示には『iReal Pro』が必要です)
【DL→】Suitcase Man.html

22
※オリジナル曲です!

テーマは以下をご参照下さい。
続きを読む

maxresdefault

色んなジャンルが入り交じるセッションの場では、あまり慣れないジャンルにも臨機応変に合わせていく必要があります。

そういう時は、「とりあえずリズムを合わせる」事が重要です! 
 続きを読む

clydeundJabo


ファンク・グルーヴを語る上で決して外せない人達がいます。
ファンクの生みの親、ジェームス・ブラウンと、そのバンドです。 

ジェームス・ブラウンのバンドには、 メイシオ・パーカーブーツィー・コリンズフレット・ウェズリーなども在籍していました。

今回紹介するのは、初期のドラマー2名、“Clyde Stubblefield(クライド・スタブルフィールド)”と“John Jab'o Starks(ジョン・ジャボ・スタークス)”です。続きを読む
スポンサード リンク

↑このページのトップヘ