ジャム・セッションin高知

オールジャンルで敷居の低い、ジャム・セッションin高知では、毎月セッションを主催しています!当ブログでは、セッションなどのイベント開催情報、ジャム・セッション動画などご覧になれます。また、【セッションを10倍楽しむ方法】【グルーヴについての考察】【名演、名盤紹介】【セッション定番曲紹介】など、様々な情報を記事にしています。

2015年09月

スポンサードリンク

56
2013年に超期待の新人として、アルバム『Sing to the Moon』でデビューし、日本でも公演したイギリスのシンガー、Laura Mvula(ローラ・マヴーラ)の、“NPR Music Tiny Desk Concert”での動画を紹介します!

Nina Simone(ニーナ・シモン)のように、大地を感じさせるような力強い歌声ですが、クールで解放的な印象もあります。声に張りのある部分と、ファルセットに抜ける繊細な部分を織り交ぜて歌う事で、そういった印象を受ける気がします。

編成はローズ兼ボーカル、バイオリン、チェロという変わった編成ですが、彼女の歌ととてもよく合っています。続きを読む

51URFlsv5GL

Earth Wind & Fire(アース・ウインド・アンド・ファイアー)の1977年のアルバム『All 'N All』を紹介します!

邦題は『太陽神

凄いタイトルですよね!
しかし、この神秘的なタイトルとジャケットは、Earth Wind & Fire(アース・ウインド・アンド・ファイアー)の音楽性を非常に良く表しているんですよね!

リズムはファンキーでダンサブルなんですが、サウンドは神秘的。
そして難解な楽曲とそれを難解と感じさせない演奏技術が魅力なんですよね!続きを読む

51

突然ですが、質問です。
四分音符が4つ並んでいて、そのリズムを数える時、どのように捉えていますか?


また、メトロノーム、クリックの音を感じるとき、どう捉えていますか? 


 

点で捉えている人は、リズムの取り方が間違っていると思います。
リズムの捉え方を修正した方がいいです。 

正しい捉え方は、線で捉える事です。
もっといい捉え方は、円で捉える事です。 


続きを読む

peace-beyond-passion-53829f9c7d282

孤高のミュージシャン、Me'Shell Ndegéocello(ミシェル・ンデゲオチェロ)の2ndアルバム『Peace Beyond Passion』を紹介します!

1996年発売。
デビューアルバム『Plantation Lullabies』のようなファンク・ネオソウル路線ですが、さらに「生音」にこだわったサウンド、洗練されたグルーヴが印象的です!

細かいディテールまでよく作り込んであるので、聴けば聴く程良さが分かってくるタイプのアルバムですね!

続きを読む

81LdPhIMhSL

あのDonny Hathaway(ダニー・ハサウェイ)娘で、Marcus Miller(マーカス・ミラー)、Joe Sample(ジョー・サンプル)などの大御所から、Robert Glasper Experiment(ロバート・グラスパー・エクスペリメント)やSnarky Puppy(スナーキー・パピー)などの新進気鋭のバンドまで、数多くのミュージシャンと共演している、Lalah Hathaway(レイラ・ハサウェイのニューアルバムが10月30日に発売されるようです!

Lalah Hathaway Live』というタイトルらしいのですが、そのアルバムの中から、“Little Ghetto Boy” のミュージックビデオがYouTubeで公開されていましたので紹介します!
“Little Ghetto Boy”は、父親であるDonny Hathaway(ダニー・ハサウェイ)の名盤、『Live』にも収録されている曲です!

続きを読む
スポンサード リンク

↑このページのトップヘ