ジャム・セッションin高知

オールジャンルで敷居の低い、ジャム・セッションin高知では、毎月セッションを主催しています!当ブログでは、セッションなどのイベント開催情報、ジャム・セッション動画などご覧になれます。また、【セッションを10倍楽しむ方法】【グルーヴについての考察】【名演、名盤紹介】【セッション定番曲紹介】など、様々な情報を記事にしています。

2015年09月

スポンサードリンク

41fSd23UzSL
黒人グルーヴに近づく為に。
黒人リズム感の秘密
この本は凄く役に立ちます!

日本人でありながらアメリカで成功したダンサー、Tony Tee(トニーティー)の著書です。
僕はダンスの事を良く知らないのですが、ダンサーの間では知らない人はいない存在だそうです。

彼の考案した「インターロック」という体幹連動トレーニング。
これはミュージシャンがグルーヴの基礎となる体の動きを得る為に非常に役立ちます。
その言語や文化からか、点でリズムを捉えがちな日本人ですが、この本を読むと、リズムを線、そして円で捉える事が出来るようになります。

ミュージシャンも体を使って演奏するわけですし、自分の体の動きも制御するべきですよね! 続きを読む

iReal用データ
(※データのダウンロードにはDropboxアカウントの作成、表示には『iReal Pro』が必要です)
【DL→】Fall.html

24


テーマは以下の書籍をご参照下さい。

続きを読む

iReal用データ
(※データのダウンロードにはDropboxアカウントの作成、表示には『iReal Pro』が必要です)
【DL→】Night Dreamer.html

28


テーマは以下の書籍をご参照下さい。

続きを読む

iReal用データ
(※データのダウンロードにはDropboxアカウントの作成、表示には『iReal Pro』が必要です)
【DL→】Part Time Lover.html

07

テーマは以下の書籍をご参照下さい。

続きを読む

root-down-52217e716c4fd
オルガン奏者と言えば真っ先に名前の挙がるのはJimmy Smith(ジミー・スミス)です。
彼の代表作『Root Down』を紹介します!
このアルバムは、1972年にロサンゼルスで録音されたLIVE音源です。

このアルバム、何と言ってもグルーヴが最高です!
ソウル、ブルース、ジャズのテイストで最高のファンクネスを体感出来ます。

バンドのメンバーは以下の通り。
Jimmy Smith(ジミー・スミス)/ Hammond B3 organ
Paul Humphrey(ポール・ハンフリー)/ drums
Wilton Felder(ウィルトン・フェルダー)/ bass
Buck Clarke(バック・クラーク)/ congas and percussion
Arthur Adams(アーサー・アダムズ)/ guitar
Steve Williams(スティーヴ・ウィリアムズ)/ harmonica
 続きを読む
スポンサード リンク

↑このページのトップヘ