ジャム・セッションin高知

オールジャンルで敷居の低い、ジャム・セッションin高知では、毎月セッションを主催しています!当ブログでは、セッションなどのイベント開催情報、ジャム・セッション動画などご覧になれます。また、【セッションを10倍楽しむ方法】【グルーヴについての考察】【名演、名盤紹介】【セッション定番曲紹介】など、様々な情報を記事にしています。

2015年12月

スポンサードリンク

00874e533f3ae6bb8cb86a46e2e4f243_m

月1のセッション超初心者講座だけでは飽き足らず、暇さえあればセッションにお邪魔したりホストしたりしているんですが、先日“ハングドラム”という楽器とセッションさせて頂く機会がありました。

亀の甲らみたいな、UFOみたいな形の楽器で、音はスチールパンをもっと柔らかく神秘的にしたような音なんですが、セッションが不思議な雰囲気になって、とても新鮮でした!

音の配列が決まっているため、あるスケール上では本当に自由に演奏できていい雰囲気になるのですが、転調などは出来ません。
まずはその楽器のスケールを把握した上で、周りの楽器が“ハングドラム”のスケールに合わせて上げる必要があります。基本的にコード1発っぽい、ふわっとしたセッションになりますが、純粋に相手の音に反応する必要があるため、演奏への没入感もありますし、よりリズムやサウンドで会話するセッションになります!

ソロですが、実際演奏している動画がYouTubeに上がってましたのでご覧下さい!

続きを読む

11232028_1129564830422295_6283052499788764770_o
 
おすすめセッションイベントを紹介します!

TRIO DE SALAD JAZZ LIVE SESSION!!
毎月Bar Salvadorで開催されている、初心者でも安心して参加出来るジャズセッションです。
ジャズ特有の敷居の高さは無く、優しく教えてもらいながらセッション出来る感じが好印象です!

大学ジャズ研の方たちが参加したり、毎月結構にぎわっているようです!
参加料も1,000円と、非常に安いですね!

以下、詳細です。
 続きを読む

12247150_1120022651376513_5416559351297498206_n
 
当セッションでも常連のギタリスト二人によるジャズ・ギターデュオのライブです。
ハイレベルなジャズ・インプロヴィゼーション・ギターとミュージシャンズライクなトークが魅力です!
毎回コンセプトを決めた選曲も見所ですね!

Modern Jazz Guitar Duo 銀牛
2015/12/15(火)
¥500-(1DR別)
20:00 open
20:30 start

Act. 森田銀次、西岡良治

参考動画もどうぞ!
続きを読む

FB_music_450x450-01


アメリカの非営利公共ラジオネットワーク、NPR(ナショナル・パブリック・ラジオ)が選ぶ『NPR Music's 50 Favorite Albums Of 2015』に、当ブログでも取り上げたアルバムが入っていましたので、再掲載しておきます!

【名盤紹介で取り上げたアルバム】
Christian Scott aTunde Adjuah(クリスチャン・スコット・アトゥンデ・アジュアー)/『Stretch Music』

Kendrick Lamar(ケンドリック・ラマー)/『To Pimp a Butterfly』

Kamasi Washington(カマシ・ワシントン)/『The Epic』

【おすすめ動画などで取り上げたアーティスト】
The Internet(ジ・インターネット)

Alabama Shakes(アラバマ・シェイクス)
 続きを読む

_SL1400_
 
P-Funkの翁、George Clinton(ジョージ・クリントン)率いるFunkadelic(ファンカデリックの1976年のアルバム、『Hardcore Jollies』を紹介します!

Funkadelic(ファンカデリックは、かなりギターサウンド重視、ロックに近いサウンドでかなり奔放な
プレイスタイルなのですが、このアルバム『Hardcore Jollies』は、なかでも特にギター重視で、バリバリのディストーションギターソロが延々続いたりするんですが、“Kidd Funkadelic(キッド・ファンカデリック)”ことMichael Hampton(マイケル・ハンプトン)のギターフレーズが、ファンキーで超カッコ良いんです!
バンド全体のグルーヴも、根底にブラックミュージックとしてのファンクがドシッとあり、更にP-Funk独特のサイケな陰鬱さ、ドロドロした“何か”もしっかりと感じる事が出来ます。
 
続きを読む
スポンサード リンク

↑このページのトップヘ