ジャム・セッションin高知

オールジャンルで敷居の低い、ジャム・セッションin高知では、毎月セッションを主催しています!当ブログでは、セッションなどのイベント開催情報、ジャム・セッション動画などご覧になれます。また、【セッションを10倍楽しむ方法】【グルーヴについての考察】【名演、名盤紹介】【セッション定番曲紹介】など、様々な情報を記事にしています。

【次回セッション情報】
ジャム・セッションin高知主催
『Thursday Night Session』
2017.8/17(木)
20:00~23:00
at キャラバンサライ(3Fホール)
参加費1,000円

【セッション超初心者講座】
※20:00~のジャム・セッション参加者の方限定!(見学含む)
2017年8月17日(木)
19:00~19:45
at キャラバンサライ(3Fホール)
参加費 1.000円(セッション参加費込みで2,000円)
講師:勝賀瀬裕典

2016年02月

スポンサードリンク

_SL1174_
 
ニューヨークを拠点に活動し、Brad Mehldau(ブラッド・メルドー)やEsperanza Spalding(エスペランサ・スポルディング)、Taylor Eigsti (テイラー・アイグスティ)などと共演し、その高い才能を評価されているクラシック/ジャズギタリストでシンガーソングライターのBecca Stevens(ベッカ・スティーヴンス)  によるバンド、Becca Stevens Band(ベッカ・スティーヴンス・バンド)のアルバム『Weightless』を紹介します!

ぱっと聴いた感じはカントリー/フォークやアイリッシュ風な音楽かと思うのですが、根底にジャズやクラシックがあるため、何度も聴いていると、そのサウンドの複雑さと巧みなコーラスワーク、美しいハーモニーにハマってしまいます。

伝統的な音楽のような雰囲気ですが、非常に新しい音楽ですので、最近のジャズが好きな人は要チェックですよ! 続きを読む

12729206_957630664327195_7838259703575809054_n


@キャラバンサライ

今回の参加者は18名

ギター4名
ベース3名
ドラム5名
鍵盤3名
バリトンサックス1名
ハーモニカ1名
見学1名


セッションした曲は以下の通りです。(コード譜へのリンクあり)

続きを読む

37
 
 天才少年少女は数多くいますが、先日グラミー賞にノミネートされたJoey Alexander(ジョーイ・アレキサンダー)君のように、“高い音楽性”も兼ね備えた少年少女はそうそう多くありません。

しかし、シカゴの教会で演奏する15才のゴスペルドラマー、Jaylan Crout(ジェイラン・クラウト)君は、ゴスペルチョップドラムの卓越したテクニックはもちろんですが、その場の雰囲気に合わせる音楽的な対応力も兼ね備えています。

黒人コミュニティの教会はこういう素晴らしい才能が育つ土壌がしっかりとあるのが素晴らしいですよね!

驚きの実力を、どうぞご覧下さい!続きを読む

_SL1200_
 
独特な歌声とビブラートで唯一無二の存在であるジャズ・シンガー、Nina Simone(ニーナ・シモン)は、鋭い切り口と感性を揺さぶる歌詞が素晴らしい、シンガーソングライターでもあります。

彼女の功績は偉大で、2003年に他界してからも、数々のミュージシャンからリスペクトされ、カバーされ続けています。近年でも、Meshell Ndegeocello(ミシェル・ンデゲオチェロ)の『Pour Une Ame Souveraine a Dedication to Nina Simon』や、Robert Glasper(ロバート・グラスパー)やLauryn Hill(ローリン・ヒル)などの共同作『Nina Revisited: a Tribute to N』などトリビュートアルバムがリリースされています。

“ローリング・ストーンの選ぶ歴史上最も偉大な100人のシンガー”では第29位に選ばれています。

今回は、1966年のアルバム『Wild Is The Wind』を紹介します!

続きを読む

38
 
Moses Sumney(モーゼス・サムニー)は、LA出身の新進気鋭のシンガー・ソングライター。
シンガーソングライターであり、楽器の演奏やヒューマンビートボックスもこなす多才な彼のRoots Jam Sessionでのライブ動画がかなりカッコ良かったです!

バックバンドはQuestlove(クエスト・ラブ)大御所HipHopバンド、The Roots(ザ・ルーツ)のメンバー、曲はネオソウルの名曲、Floetry(フロエトリー)の“Say Yes”です。

ネオソウルの名曲が、最近のHipHopではおなじみのリズムずらしなどの変幻自在なリズムとMoses Sumney(モーゼス・サムニー)のどこかBilal(ビラル)を思わせる独特な歌声によりドープにグルーヴしていきます!
 続きを読む
スポンサード リンク

↑このページのトップヘ