ジャム・セッションin高知

オールジャンルで敷居の低い、ジャム・セッションin高知では、毎月セッションを主催しています!当ブログでは、セッションなどのイベント開催情報、ジャム・セッション動画などご覧になれます。また、【セッションを10倍楽しむ方法】【グルーヴについての考察】【名演、名盤紹介】【セッション定番曲紹介】など、様々な情報を記事にしています。

【次回セッション情報】
ジャム・セッションin高知主催
『Monday Night Session』
2017.6/28(水)
20:00~23:00
at キャラバンサライ(3Fホール)
参加費1,000円


【セッション超初心者講座】
※20:00~のジャム・セッション参加者の方限定!(見学含む)
2017.6/28(水)
19:00~19:45
at キャラバンサライ(3Fホール)
参加費 1,000円(セッション参加費は別途頂きます)
講師:勝賀瀬裕典

2017年03月

スポンサードリンク

17632267_1280571865373261_4300191142822815714_o

4月1日、高知市のクラブONZOにて、《 Sessions 》の第5回が開催されます!
DJをバックにグルーヴィーなバンド演奏、ラップやビートボックスも交え、ダンサーが踊りまくる。
細かい事は抜きにしてアガれるセッションです!

楽器隊で参加したい方は、事前に参加者にご連絡ください。
自分のグルーヴでダンサーを踊らせる、最高に気持ち良い体験が出来ますよ!

続きを読む

_SL1500_


以前ブログ記事でライブ動画を紹介した、今世界中で人気急上昇中のプロデューサー/ミュージシャン/ラッパーのOddisee(オディッシィー)の、2017年発売のアルバム『The Iceberg』を紹介します!

【過去記事】
【発掘動画】Oddisee(オディッシィー): NPR Music Tiny Desk Concert

トラック・アルバムやラップ・アルバム、EPなど次々リリースする、多作なOddisee(オディッシィー)ですが、本作はかなり洗練された傑作となっています!
リズムトリックのある曲などもあり、音楽的にも高い次元のものが期待できます。
また、ベースラインがかっこいい曲が多くて、ベーシストの人にもかなりオススメ出来ますよ!

もちろん、Oddisee(オディッシィー)のラップは素晴らしく、歌詞がわからなくても何か訴えかけてくるような、そういう魅力に溢れています!

続きを読む






『Monday Night Session』
2017.3/13(月)
20:00~23:00
at キャラバンサライ(3Fホール)

今回の参加者は19名

ギター3名
ベース4名
ドラム4名
鍵盤3名
サックス1名
トランペット1名
Beat Box 1名
見学2名

セッションした曲は以下の通りです。(コード譜へのリンクあり)
 続きを読む

lQiDwYfXt5dndHW1446216128_1446216258

オージャンルで敷居の低い!
ジャム・セッションin高知です!
 

ジャム・セッションin高知主催
『Monday Night Session』
2017.3/13(月)
20:00~23:00
at キャラバンサライ(3Fホール)
参加費1,000円

続きを読む

_SL1500_
2016年にリリースされた、Aaron Abernathy(アーロン・アバナシー)の『Monologue』をオススメします!
Aaron Abernathy(アーロン・アバナシー)は、ドラム・キーボード・ギター・ベースなど様々な楽器を扱うマルチインストゥルメンタリストであり、プロデューサー/ボーカリスト/シンガーソングライターでもあります。

Slum Village(スラム・ヴィレッジ)のワールドツアーのミュージックディレクターとして抜擢されたり、2010年のアルバム『Villa Manifesto』の収録曲“Dance”でもフィーチャーされた彼の音楽は、ゴスペルを思わせるような複雑で重厚なコーラスワークが一番の特徴です。
そしてクラシックなR&B/Soulの雰囲気を漂わすサウンドとファンキーなグルーヴにHipHopのノリも取り入れ、独自の音楽を作り上げています。

その音楽性や多才ぶりから、彼の音楽を語る際にはよく、D'Angelo(ディアンジェロ)やPrince(プリンス)などが引き合いに出されます。

アルバム『Monologue』は、彼の初のフルアルバムで、その才能が余す事なく伝わる、濃い内容となっています!

続きを読む
スポンサード リンク

↑このページのトップヘ