ジャム・セッションin高知

オールジャンルで敷居の低い、ジャム・セッションin高知では、毎月セッションを主催しています!当ブログでは、セッションなどのイベント開催情報、ジャム・セッション動画などご覧になれます。また、【セッションを10倍楽しむ方法】【グルーヴについての考察】【名演、名盤紹介】【セッション定番曲紹介】など、様々な情報を記事にしています。

カテゴリ: 音楽の土壌づくり

スポンサードリンク

40

子供の頃から卓越した楽器の技術があったりする子供、地域に一人くらいいたりしましたよね?
そういう子供の事は、“天才”だとか“神童”と呼んだりしていました。

でもそういう子って大体、親が小さい時からお金をかけて習わせていたり、親が本職のミュージシャンだったりと、“特別な家庭”に生まれている、もしくは生まれながらに他の人とは全く違う感性を持った“本物の天才”であるかのどちらかで、一般庶民には縁遠い存在だと思われがちでした。

しかし、Youtubeで世界中の動画を見る事が出来るようになり、音楽輸出大国アメリカの、特に黒人ゴスペル文化を知る事により、“天才”は音楽の土壌が作るものだとハッキリ分かりました!
そして、豊かな音楽の土壌があれば、“天才”は量産されるんです!

次の動画を御覧ください!
 
続きを読む

17880209_10155105644893913_6863256049301737137_o

 
ジャム・セッションに役立つイベントのお知らせです!
 
よさこい楽曲なども手掛ける作曲家としても活躍されているミュージシャン西岡良治さんによる講義エンターテインメント、“あらまし”です!

昨年好評だった為、今年も“season Ⅱ”が行われるようです。

今回は『ざっくり分かるジャズ史』ということで、ジャズがどのように発生して変遷してきたかを、音楽理論を交えて分かり易く解説してくれます。
昨年とほぼ同様の内容という事で、さらにブラッシュアップされた内容が期待できそうです。

ジャズ研の学生さんや、ジャズのアドリブが出来るようになりたい方、特に必見です。
どのような理論を用いて、どのような練習をすればジャズのアドリブが出来るようになるのか、その道筋が見えてくるはずですよ!

続きを読む





『Monday Night Session』
2017.4/17(月)
20:00~23:00
at キャラバンサライ(3Fホール)

今回の参加者は16名

ギター3名
ベース3名
ドラム5名
鍵盤4名
トロンボーン1名

セッションした曲は以下の通りです。(コード譜へのリンクあり)
 続きを読む

42


音楽をある程度やっている人ならば一度は目にした事がある、“分数コード” について説明します!
“分数コード”とは、“オン(on)コード”とも呼ばれ、「C on B」や「G / B」などの様に表記されます。
「G / B」の場合、「G」が分子、「B」が分母となります。

分数と言っても、数学の様に「G」を「B」で“割る”訳ではありません。

このような分数コード表記は、「分子のコードのルート音とは違う音をハーモニーの最低音に指定する」時に使用されます。
具体的に言うと、「G / B」の場合、「G」のコードの構成音、「G,B,D」をコード楽器などが演奏し、ベースなどの最低音楽器が「B」を演奏するように、演奏者へ指示しているのです。
通常「G」コードが出てきた場合、ベースなどの最低音楽器は「G」を演奏しますから、分数コード「G / B」が出現した場合は、製作者が狙ってそのハーモニーを指示している場合が多いです。

ここで、分数コードに対する間違った認識から、演奏者が犯しやすい過ちを幾つか紹介します!
 

 続きを読む






『Monday Night Session』
2017.3/13(月)
20:00~23:00
at キャラバンサライ(3Fホール)

今回の参加者は19名

ギター3名
ベース4名
ドラム4名
鍵盤3名
サックス1名
トランペット1名
Beat Box 1名
見学2名

セッションした曲は以下の通りです。(コード譜へのリンクあり)
 続きを読む
スポンサード リンク

↑このページのトップヘ