ジャム・セッションin高知

オールジャンルで敷居の低い、ジャム・セッションin高知では、毎月セッションを主催しています!当ブログでは、セッションなどのイベント開催情報、ジャム・セッション動画などご覧になれます。また、【セッションを10倍楽しむ方法】【グルーヴについての考察】【名演、名盤紹介】【セッション定番曲紹介】など、様々な情報を記事にしています。

カテゴリ: 音楽の土壌づくり

スポンサードリンク

セッションを10倍楽しむ方法、第4回目です!

今回は、「テーマを感じる」です!

第二回でお話ししたように、セッションは基本的にテーマで始まり、テーマで終わります。
10846127_712185348898837_510510457597502521_n
↑これを繰り返します。

そしてソロはテーマのコードと同じ進行で回っていくパターンがほとんどな訳ですが、今どこを演奏しているのか見失わないように、コードを追っかける事にばかり集中してしまうと実は見失うんです。

進行を見失ってしまうことを『ロスト』といいます。

続きを読む

10993088_10153075845623913_2200464549035406806_n


1/26のセッション、お疲れさまでした!

参加者は14名
ドラム4名
ベース4名
管1名
鍵盤4名
見学1名



ギターの方が0人というのは初めてでした!
やはりギターの方が居ないと少し寂しい感じがします。

ドラムも鍵盤も1台ずつしか無かった為、あまり上手く順番を回してあげられなくて申し訳なく思っています。

個人的にうれしかったのは、セッションなんか全くやった事無い高校生の方が、見学に来てくれた事です。そういう若い世代の方にこそ、セッションの楽しさを伝えていけたらと思います!
高校生や大学生も気軽に参加して楽しめる、そして熟練の上級者の方とも気軽にセッションできる、そういう場にしていけるよう、努力して参ります!

続きを読む

セッションを10倍楽しむために!

今回は、「コード表記の読み方を覚える」です!

基本的にアドリブで進行するジャム・セッションでは、下記のように、コード譜を見ながら曲を演奏する事が多いです。
32


また、下記のように、リードシートと呼ばれる、テーマのメロディとコードが一緒に載ったものも良く使われます。
続きを読む

セッションを10倍楽しむ!

第二回は、

「お決まりのルールを知る」

です! 

 セッションをしていると、暗黙のルールにより、曲が展開していく事が多々あります。
そして、これはセッションの敷居が高いと思ってしまう原因の一つなんですが、そういう事をあまりきちんと教えてくれない人が多いんです(笑)

まあ考えてみれば当然で、上級者の方達は別にセッションで初心者に教えに来てる訳じゃなくて、自分たちが楽しむ為に来てるんです。
いちいち「ここでこう展開するから」なんて話はしなくても、お決まりのルールでどんどん曲を進めていってしまいます。ついて来れない人が1人いても、別に曲は進むので、問題ないんです。
ついて来れずにがっかりしてても、「よかったよ!」なんて気楽に優しく声をかけてくれるんですが、ついていけなかった本人としては疎外感を感じちゃって、セッション界隈から距離を置いてしまうかもしれません。

やっぱり、セッションに参加したのなら、初心者、上級者関係なく、みんな一緒に最大限楽しみたいものですよね!
なので、ちょっとでも心の支えとなるように、お決まりのルールをいくつか書いておきます!


続きを読む

セッションをより楽しむ為のアドバイスです!
第一回目は。。。
















「周りの音を良く聴く!」 
BlogPaint
若干古いネタで失礼しました。。。

続きを読む
スポンサード リンク

↑このページのトップヘ