ジャム・セッションin高知

オールジャンルで敷居の低い、ジャム・セッションin高知では、毎月セッションを主催しています!当ブログでは、セッションなどのイベント開催情報、ジャム・セッション動画などご覧になれます。また、【セッションを10倍楽しむ方法】【グルーヴについての考察】【名演、名盤紹介】【セッション定番曲紹介】など、様々な情報を記事にしています。

カテゴリ: ソウル・ファンク・R&B

スポンサードリンク

_SL1200_

“Voice Of 2013"と賞され、同年に彗星のごとく鮮烈なデビューを果たしたLaura Mvula(ローラ・マヴーラ)の2016年6月発売のニューアルバム『THE DREAMING ROOM』を紹介します!

前作『Sing to the Moon』がかなり好評だっただけに、期待感も高まっていました。
今作も神秘的なサウンド、大地を感じるリズムはそのままに、よりバラエティに富んだアレンジが楽しめます。変拍子やポリリズム、複雑なコーラスワークなど、玄人も満足出来る1枚ですね!

プロデュースは前作と同じTroy Miller(トロイ・ミラー)で、Chic(シック)のギタリストNile Rodgers(ナイル・ロジャース)やWretch 32(レッチ32)がフィーチャーされています。
また、ロンドン交響楽団やギタリストのJohn Scofield(ジョン・スコフィールド)、Lionel Loueke(リオーネル・ルエケ) やベーシストのMichael Olatuja(ミッチェル・オラチュジャ)なども参加しています。


続きを読む

51

Roberta Flack(ロバータ・フラック)の、“Feel Like Making Love”です!
ジャズでもよく定番として演奏されるソウルナンバーです。
George Benson(ジョージ・ベンソン)やD'Angelo(ディアンジェロ)のカバーなんかも有名ですね。

イントロからお茶目なハプニングとともに始まりましたが、演奏自体はみんな結構硬派でした。

こういうスムースでオシャレな雰囲気のセッションも、たまには良いもんですね!

コード譜はこちら↓
続きを読む

18
 
誰もが知っていると言っても過言ではない、Stevie Wonder(スティービー・ワンダー)の名曲“Sir Duke”です!

珍しくボーカル有りのセッションですが、普段あまりやらない曲なのと、キメフレーズがある曲なので僕なんかはコード譜ガン見でキメフレーズは全然出来てませんw

そういう微妙な空気も含めてセッションは楽しい!
ってことで、僕が下手なところはガンガン見せていきます!

続きを読む

58
 
この曲はジャズ・フュージョンの名ドラマー、Billy Cobham(ビリー・コブハム)の曲です。
Marcus Miller(マーカス・ミラー)が大ヒットアルバム『M2』にてカバーしている事でも有名なセッション定番曲です!

Marcus Miller(マーカス・ミラー)はAmですが、原曲やセッションで良くやられるキーはGmです。
テーマのメロディとリズムが少し難しいですが、コードはGm7とC9の2コードなので、理論分かってなくても感情のみでアツいソロが出来たりもします。


コード譜はこちら↓ 
 【定番曲】Red Baron続きを読む

02
 
この曲は、アメリカのファンク/R&Bバンド、The Meters(ミーターズ)の曲で、ファンクセッションで
よく演奏される曲です。

コードはC7一発なので、とても簡単で盛り上がれる、一挙両得な曲ですよ!
今回初めて演奏しましたが、良いテイクが録れました!


コード譜はこちら↓
【定番曲】Cissy Strut

続きを読む
スポンサード リンク

↑このページのトップヘ