ジャム・セッションin高知

オールジャンルで敷居の低い、ジャム・セッションin高知では、毎月セッションを主催しています!当ブログでは、セッションなどのイベント開催情報、ジャム・セッション動画などご覧になれます。また、【セッションを10倍楽しむ方法】【グルーヴについての考察】【名演、名盤紹介】【セッション定番曲紹介】など、様々な情報を記事にしています。

カテゴリ: ジャム・セッション動画

スポンサードリンク

41

ダニー・ハサウェイ風なソウル風なファンキーなベースラインに合わせたセッションです!

ベースソロ→ドラムソロの時、印象的なリズムを何度か出しながら渡してますが、こうすることでドラムの人はソロに入りやすくなるんです!

逆に、ストーリー性のないソロの後で、「え~と…はい!ど、どうぞ!」みたいにソロを渡されると、ドラマーは少し困ってしまいます。

次の人の事まで考えてソロをしてあげるのが、円滑にセッションを進行するコツだったりします。
続きを読む

06

Herbie Hancock(ハービー・ハンコック)の“Chameleon”です!

ファンクセッションでは大定番ですが、キメがあるのと、キメ後に返ってくるのが、曲を知っていないと少し難しいかも知れません。

基本的に2コードです。ソロを回す時にキメを挿んでもカッコいいです! 

続きを読む

39

Wayne Shorter(ウェイン・ショーター)の“Footprints”をセッションした動画です!

大定番という程ではないですが、結構演奏される曲です。

3拍子のJazzで、楽譜によっては複雑なテンションコードを指示されていたりしますので、初めは「うわっ」と思うかも知れませんが、やってみると結構楽しい曲です!

曲の持つ独特の雰囲気を出すのが難しい曲ですね。

続きを読む

47
 
EDMというか、テクノと言うか、4つ打ちのダンスミュージックっぽいセッションです!

ジャム・セッションin高知は何でもアリです!
 続きを読む

51

Roberta Flack(ロバータ・フラック)の、“Feel Like Making Love”です!
ジャズでもよく定番として演奏されるソウルナンバーです。
George Benson(ジョージ・ベンソン)やD'Angelo(ディアンジェロ)のカバーなんかも有名ですね。

イントロからお茶目なハプニングとともに始まりましたが、演奏自体はみんな結構硬派でした。

こういうスムースでオシャレな雰囲気のセッションも、たまには良いもんですね!

コード譜はこちら↓
続きを読む
スポンサード リンク

↑このページのトップヘ