ジャム・セッションin高知

オールジャンルで敷居の低い、ジャム・セッションin高知では、毎月セッションを主催しています!当ブログでは、セッションなどのイベント開催情報、ジャム・セッション動画などご覧になれます。また、【セッションを10倍楽しむ方法】【グルーヴについての考察】【名演、名盤紹介】【セッション定番曲紹介】など、様々な情報を記事にしています。

カテゴリ: ジャム・セッション動画

スポンサードリンク

18
 
誰もが知っていると言っても過言ではない、Stevie Wonder(スティービー・ワンダー)の名曲“Sir Duke”です!

珍しくボーカル有りのセッションですが、普段あまりやらない曲なのと、キメフレーズがある曲なので僕なんかはコード譜ガン見でキメフレーズは全然出来てませんw

そういう微妙な空気も含めてセッションは楽しい!
ってことで、僕が下手なところはガンガン見せていきます!

続きを読む

01

フュージョン風、コード1発セッションです!

この日最初のセッションで、「人が集まるまでとりあえずなんかやりますか?」的なノリでした。

よく、コード1発セッションといったら一つのコードだけしか演奏してはダメと考えてしまう人がいますが、動画を観て分かるように、気持ちが盛り上がってくると結構色んなコードを弾いています。

お互いがよく聴きあってその時々に合った音を選んでいるから、こういう自由な演奏が出来るんです。
まさに、「セッション“力”」ですね!続きを読む

58
 
この曲はジャズ・フュージョンの名ドラマー、Billy Cobham(ビリー・コブハム)の曲です。
Marcus Miller(マーカス・ミラー)が大ヒットアルバム『M2』にてカバーしている事でも有名なセッション定番曲です!

Marcus Miller(マーカス・ミラー)はAmですが、原曲やセッションで良くやられるキーはGmです。
テーマのメロディとリズムが少し難しいですが、コードはGm7とC9の2コードなので、理論分かってなくても感情のみでアツいソロが出来たりもします。


コード譜はこちら↓ 
 【定番曲】Red Baron続きを読む

56


セッションの大定番曲、Herbie Hancock(ハービー・ハンコック)の“Watermelon Man”のセッション動画です!

ブルースっぽいコード進行で16小節、メロディもキャッチーなので、かなりセッション向きの曲です。

若い才能あふれるセッションです!


コード譜はこちら↓
【定番曲】Watermelon Man

続きを読む

51
 
Aのコードで、ただただ音で会話したセッションです!

“Dope”なヒップホップのイメージでドラムを叩いてみました。
でも動画で観ると全然Dopeじゃないw

しかし、こういう単純なセッションをすると創造力が刺激されて、とってもいい感じです。

楽しむコツは、周りの音を良く聞く事ですね!

セッションを10倍楽しむ!(10)「コード1発セッションのススメ」 

続きを読む
スポンサード リンク

↑このページのトップヘ