ジャム・セッションin高知

オールジャンルで敷居の低い、ジャム・セッションin高知では、毎月セッションを主催しています!当ブログでは、セッションなどのイベント開催情報、ジャム・セッション動画などご覧になれます。また、【セッションを10倍楽しむ方法】【グルーヴについての考察】【名演、名盤紹介】【セッション定番曲紹介】など、様々な情報を記事にしています。

カテゴリ: リズムとグルーヴ

スポンサードリンク

IMG_4629



『Monday Night Session』
2018.6/18(月)
20:00~23:00
at Bar Salvador

今回の参加者は18名

ギター3名
ベース2名
ドラム6名
キーボード4名
サックス1名
トランペット1名
見学1名


セッションした曲は以下の通りです。(コード譜へのリンクあり)続きを読む

rectangle_large_bade2f7b6be2e2a1f082c55d44f16686.jpg

ジャム・セッションin高知の勝賀瀬達也がnoteで役に立ちそうな記事を書いていたので、紹介します!

当ブログで解説した、「体内メトロノーム」「ずらし」「コアリズムとエンドリズム」などにも通じる部分があります。

バンドもセッションも、音楽は結局、人と人がやる事です。

最終的に全員の演奏が混ざった時の音が素晴らしい事が一番大事ですので、テクニカルな面ばかりに縛られるのではなく、「曲のために」という観点で演奏を大きく捉える事が重要ですね!

「木を見て森を見ず」にならない事が重要ではないでしょうか。




勝賀瀬 達也

高知県在住。ドラマー。 ジャズ/R&Bを主体に演奏活動をしています。 基本的に音楽に関することを投稿する予定です。 演奏サポート、ドラムレッスンなど承ります。

引用先記事【https://note.mu/tatsuya_shogase/n/n617a857c0faf

「リズムが走ってると言われて直したら、モタってると言われる。・・・じゃあどうしろと!?」ってなる時の解消法

バンドの練習をしている時に、こんな風に言われたことありませんか?

ギター 「ドラム、走ってるよ」

ドラム 「え、分かった。気を付ける。」

ボーカル「ドラム、今度はモタりすぎ」

ドラム 「え、分かった。気を付ける。」

ベース 「ドラム、リズム揺れすぎ」

ドラム 「・・・ (´・ω・`)」

ドラマーに限らず、「じゃあどうしろと?」ってなった人、結構いるんじゃないでしょうか?たしかに僕にもそんな経験があります。

今回はそれを解消するためのヒント的なやつを書いてみようと思います。


続きを読む

8127Z9ix8VL

本ブログでは、音楽をグルーヴさせる為、「グルーヴとは何か?」というテーマで幾つか記事を書いてきました。

【“グルーヴ考察“記事一覧】
【グルーヴ考察】その1「グルーヴとは、なにか」 

【グルーヴ考察】その2「グルーヴしている状態」 

【グルーヴ考察】その3「体内メトロノーム」 

【グルーヴ考察】その4「タメと瞬発力」 

【グルーヴ考察】その5「On The ONE」 

【グルーヴ考察】その6「リズムずらし」 

【グルーヴ考察】その7「コアリズムとエンドリズム〜2種の異なるリズム感覚〜」 

その他の『リズム/グルーヴ』記事一覧


しかし今思い返すと、これらの記事はあくまで「一定のレベル」まで音楽レベルが達したミュージシャン向けに書かれた内容であると感じます。
僕が独自に考えた、グルーヴの為に必要なステップとして、
1.体内メトロノームの構築
 【グルーヴ考察】その3「体内メトロノーム」 
2.リズムの伸縮のコントロール(タメと瞬発力)
 →【グルーヴ考察】その4「タメと瞬発力」 
3.「On The One」の理解
 →【グルーヴ考察】その5「On The ONE」 
4.リズムずらし
 →【グルーヴ考察】その6「リズムずらし」
という段階があるのですが、その一番基礎と言える「体内メトロノーム」の構築の時点で、初歩のミュージシャンの多くが行き詰まっているという現実があります。
アマチュア限定で言えば、ベテランミュージシャンでさえ「体内メトロノーム」が構築できていない人も少なからずいます。(それでも心に響く素晴らしい演奏をしてしまう人がいるのが、音楽の面白さなのですが!)

グルーヴについて話す際も、まずは「体内メトロノーム」が構築できていないと先の話を本当に理解する事は出来ないのです!
初歩のミュージシャンに「体内メトロノーム」をどのように構築してもらうか、色々と頭を悩ませていた時、とても優れた本に出会いましたので、紹介します!

その名も、
歌、楽器、ダンスが上達! リズム感が良くなる「体内メトロノーム」トレーニング (CD付)
です!


続きを読む

1d6294c9e4d7101f93150ffc18822232_m
 
こちらのセッション参加者限定!
 
リズム強化ワークショップを開催します!

ジャム・セッションin高知主催セッションは5月22日20:00~ですが、その前に45分間、リズムワークショップを行います! 
独自の視点からのリズム理論で、リズムキープに悩むミュージシャンの皆様に目からウロコの情報をお届けします!

詳細は以下の通りです。
 続きを読む

Clyde-Stubblefield-june-24-2005-715x693

James Brown (ジェームス・ブラウン)バンドの初期の頃のドラマー、Clyde Stubblefield(クライド・スタブルフィールド) が、2017年2月18日に亡くなりました。73歳でした。
長い間闘病生活を送っており、最近は前線からは退いていました。

James Brown (ジェームス・ブラウン)の“Cold Sweat”、“Ain’t It Funky Now”、“Sex Machine”、“I Got The Feelin”、“The Funky Drummer”といった曲での彼のドラムは、HipHopアーティストからも元ネタとして数多く使われ、その他様々なシーンでサンプリングされてきました。その数は1000にも上ると言われ、最もサンプリングされたドラマーの一人と称されています。
 
そのファンキーなドラムは、グルーヴを語る上で欠かす事が出来ません。
当サイトでも以前グルーヴ関連の記事で取り上げました。

【グルーヴ考察】「Clyde Stubblefield(クライド・スタブルフィールド)とJohn Jab'o Starks(ジョン・ジャボ・スタークス)から学ぶ」 

一緒に演奏すればグルーヴ練習に!“The Original Funky Drummer Breakbeat Album” / Clyde Stubblefield(クライド・スタブルフィールド) 

グルーヴはジャム・セッションを楽しむ事において非常に重要な要素となります。
Clyde Stubblefield(クライド・スタブルフィールド)を知らなかった人にも、彼の素晴らしさについて知ってもらいたいたいので、動画や作品をいくつか紹介します。 
 続きを読む
スポンサード リンク

↑このページのトップヘ