ジャム・セッションin高知

オールジャンルで敷居の低い、ジャム・セッションin高知では、毎月セッションを主催しています!当ブログでは、セッションなどのイベント開催情報、ジャム・セッション動画などご覧になれます。また、【セッションを10倍楽しむ方法】【グルーヴについての考察】【名演、名盤紹介】【セッション定番曲紹介】など、様々な情報を記事にしています。

カテゴリ: リズムとグルーヴ

スポンサードリンク

QjL4wc6S1tosyUI1454973395_1454973704


まずはおさらいから。

「グルーヴ」させるためのキーワードは、 
 
「体内メトロノーム」 

「タメと瞬発力」 

「On The ONE」 

「リズムずらし」
 

です。 

前回は、体内に強靭な「体内メトロノーム」を持つ事について書きました。 

そして今回の「グルーヴ」を生み出すキーワードは、「タメと瞬発力」です。 

「体内メトロノーム」を習得出来たら、次は「体内メトロノーム」に対して、リズムを自在にコントロール出来るようにします。

 
ここで質問です。
「1、2、3、4」とリズムを取って下さいと言われると、「1、2、3、4」と数えると思いますが、 「1」と「2」の間には、何があるでしょうか? 

「裏拍」「8分休符」「何も無い」など、様々な答えがありそうです。
そもそもそんな事を考えた事のない人もいるんじゃないでしょうか?


答えは…
続きを読む

QjL4wc6S1tosyUI1454973395_1454973658
今回からは、「グルーヴ」させるコツについて細かく分析していきたいと思います。 

「グルーヴ」させるためのキーワードは、 
 
「体内メトロノーム」 

「タメと瞬発力」 

「On The ONE」 

「リズムずらし」
 

です。
このキーワードに沿って順番に理解していきましょう!


まずは「グルーヴ」を考察する上でも、音楽をきちんと相手に伝える為にも一番の基礎のとなる重要なキーワード、「体内メトロノーム」の話です。

楽器などを練習する時、メトロノームを使うという方、多くいると思います。 
その練習は大切で、正確なリズムをキープする為には不可欠と言われています。 


もちろん、メトロノームという道具を使ったトレーニングはもちろん可能ですが、実はしかし、「グルーヴ」に限って言えば、メトロノームという道具によって練習すれば身に付くというものではありません。 間違った使い方をすると逆に「グルーヴ」しなくなる可能性もあるのです。

「グルーヴ」を作り出す為の基礎として何が必要なのかと言うと、メトロノームに合わせるのではなく、自ら強靭なリズム感を作り出しキープする事、つまり、体内に自分のメトロノーム=「体内メトロノーム」を持つ事が重要なのです。

では、参考にこちらの動画をどうぞ。
続きを読む

QjL4wc6S1tosyUI1454973395_1454973618
グルーヴ考察、第二回です。
前回の記事で、ここで語る「グルーヴ」というものの定義を説明しました。

バンドの練習などで、「グルーヴ」の議論になる事もあると思いますが、大体決着がつかないですよね?
人それぞれだとか、練習不足だとか、“そもそも論”で決着する事もあります。
そうなってしまうのは、メンバーが「グルーヴ」というものを体で理解していないからです。

「グルーヴ」の状態を体で理解していれば、言葉で議論を交わすときも非常にクリアで建設的な話が出来ます。

「グルーヴ」というものを言葉だけ表すのはなかなか難しいです。
「グルーヴ」について、言葉いがいの共通認識が必要となってきます。
前回は、ここで語る内容の定義付けはしましたので、次は目と耳でそれを感じてもらいます。
今回はある動画を見ながら「グルーヴ」している状態とは一体どのような状態なのかを説明します。

では早速、こちらの動画をどうぞ。
続きを読む

QjL4wc6S1tosyUI1454973395_1454973576

バンドやジャムセッションをした事がある方なら、「グルーヴ」という言葉を聞いた事があると思います。英語表記はGrooveです。

グルーヴというものを一言で表して下さいと聞くと、
「ノリ」
「うねり」
「一体感」
「ズレ」

など、人によって様々な答えが返ってきます。

どれも正解でもあり、不正解でもあります。

「グルーヴ」は、人によって定義が様々で、はっきりとした実像の無い、極めて感覚的なものです。
ここで語る「グルーヴ」というものがどういうものか、先に説明しておきます。
 続きを読む

f677451b587a076d49e07d25aa4dadef_s


言葉に「子音」と「母音」があるように、楽器の演奏にも「子音」と「母音」があります。

そして、ズレている思っていた演奏も、「子音」を意識して聞くとバッチリ合っていたりします。

これに気付けば、音楽の聴き方も変わってきますし、今までと別の次元でリズムを合わる事が出来るようになります!



どうしても日本人の演奏は、日本人の演奏の域を出ない場合が多いのですが、それは「母音」で合わせているという事実が大きく影響していると思われます。

多くの日本人の演奏する楽器は、日本語にしか聴こえないのです。


それはそれで、日本語の歌には良く馴染むのでいいんですが、ファンクやR&Bなんかを演奏する場合、「なんか違う」感がすごく出てしまいます。
感じた事がある人も多いと思いますが、あの「ニセモノ」感や「和風英語」感です。

続きを読む
スポンサード リンク

↑このページのトップヘ