ジャム・セッションin高知

オールジャンルで敷居の低い、ジャム・セッションin高知では、毎月セッションを主催しています!当ブログでは、セッションなどのイベント開催情報、ジャム・セッション動画などご覧になれます。また、【セッションを10倍楽しむ方法】【グルーヴについての考察】【名演、名盤紹介】【セッション定番曲紹介】など、様々な情報を記事にしています。

カテゴリ: リズムとグルーヴ

スポンサードリンク

41fSd23UzSL
黒人グルーヴに近づく為に。
黒人リズム感の秘密
この本は凄く役に立ちます!

日本人でありながらアメリカで成功したダンサー、Tony Tee(トニーティー)の著書です。
僕はダンスの事を良く知らないのですが、ダンサーの間では知らない人はいない存在だそうです。

彼の考案した「インターロック」という体幹連動トレーニング。
これはミュージシャンがグルーヴの基礎となる体の動きを得る為に非常に役立ちます。
その言語や文化からか、点でリズムを捉えがちな日本人ですが、この本を読むと、リズムを線、そして円で捉える事が出来るようになります。

ミュージシャンも体を使って演奏するわけですし、自分の体の動きも制御するべきですよね! 続きを読む

My-First-Name-Is-Maceo
my_first_name_01

グルーヴを知る上で、このDVDは欠かせません!

Maceo Parker(メイシオ・パーカー)の、『My First Name Is Maceo』です!

演奏パートとインタビューパートが入り交じった構成なんですが、演奏も凄いですが、インタビューパートまでグルーヴしまくりですw

バンドメンバーは以下の通り続きを読む

自宅で練習するとき、グルーヴを意識して練習してますか?

譜面を追ったり、同じフレーズの反復や、体の動きや楽器の演奏ばかりに捉われていませんか? 

自宅練習の時でも、“グルーヴ”を意識する事は非常に重要です!

かといって、1人でどうやってグルーヴ意識したらいいのか。。。
難しい問題ですよね!

そこでオススメなのが、グルーヴしている音源と一緒に練習する事です! 

とはいえ、普通のCDはもうそれだけで完結してしまっていて、一緒に合わせづらいですよね。

そんな時にオススメのCDがあります! 

こちらです!
41P59877MJL
Original Funky Drummer Breakbeat Album続きを読む

clydeundJabo


ファンク・グルーヴを語る上で決して外せない人達がいます。
ファンクの生みの親、ジェームス・ブラウンと、そのバンドです。 

ジェームス・ブラウンのバンドには、 メイシオ・パーカーブーツィー・コリンズフレット・ウェズリーなども在籍していました。

今回紹介するのは、初期のドラマー2名、“Clyde Stubblefield(クライド・スタブルフィールド)”と“John Jab'o Starks(ジョン・ジャボ・スタークス)”です。続きを読む

今回は、ドラマーのSteve Jordan(スティーヴ・ジョーダン)からグルーヴを学びたいと思います!

スティーヴジョーダン



見ての通り、まさに“グルーヴ”です。
体の動きを見ているだけでもグルーヴしてきます。
さらに、このドラムの音を聞くと、体が突き動かされてくる感じがしますよね。
この演奏を見て、見ている方もグルーヴしてきます。
人を“のせる”音。
そんな音です。

彼は『ザ・グルーブ・イズ・ヒア 』というDVDを出していますが、この内容が非常に素晴らしく、グルーヴとは何かを知る上で非常に役に立ちます!
続きを読む
スポンサード リンク

↑このページのトップヘ