ジャム・セッションin高知

オールジャンルで敷居の低い、ジャム・セッションin高知では、毎月セッションを主催しています!当ブログでは、セッションなどのイベント開催情報、ジャム・セッション動画などご覧になれます。また、【セッションを10倍楽しむ方法】【グルーヴについての考察】【名演、名盤紹介】【セッション定番曲紹介】など、様々な情報を記事にしています。

【リズム強化ワークショップ】〜テンポキープの3原則〜
※20:00~のジャム・セッション参加者の方限定!(見学含む)
2017年12月20日(水)
19:00~19:45
at キャラバンサライ(3Fホール)

ジャム・セッションin高知主催
『Thursday Night Session』
2017.12/20(水)
20:00~23:00
at キャラバンサライ(3Fホール)

カテゴリ: セッションを10倍楽しむ!

スポンサードリンク

a576e588c6b276d6acd4290084f79e53_s


不特定多数の人々が、一定のルールに従って、即興で音楽を作り上げていくのがジャム・セッションの醍醐味です。

ジャム・セッションにおいては「音で会話する」という要素がとても需要で、それはつまり音楽の根源的な楽しさでもあります!
つまり、ジャム・セッションの現場で人気者になる為には、それなりのコミュニケーション能力が必要となってきます。

実際の社会における言葉での会話においても、好かれる人・嫌われる人がいるように、音での会話においても同じような事が言えます!
ジャム・セッションの現場でどのような行為が嫌われるのか、代表的なものを3つ挙げますね!

当てはまる人は要注意!

続きを読む

42


音楽をある程度やっている人ならば一度は目にした事がある、“分数コード” について説明します!
“分数コード”とは、“オン(on)コード”とも呼ばれ、「C on B」や「G / B」などの様に表記されます。
「G / B」の場合、「G」が分子、「B」が分母となります。

分数と言っても、数学の様に「G」を「B」で“割る”訳ではありません。

このような分数コード表記は、「分子のコードのルート音とは違う音をハーモニーの最低音に指定する」時に使用されます。
具体的に言うと、「G / B」の場合、「G」のコードの構成音、「G,B,D」をコード楽器などが演奏し、ベースなどの最低音楽器が「B」を演奏するように、演奏者へ指示しているのです。
通常「G」コードが出てきた場合、ベースなどの最低音楽器は「G」を演奏しますから、分数コード「G / B」が出現した場合は、製作者が狙ってそのハーモニーを指示している場合が多いです。

ここで、分数コードに対する間違った認識から、演奏者が犯しやすい過ちを幾つか紹介します!
 

 続きを読む

a38ab315b103fd1984b9ec0004caf114_m

皆さん、ドラムソロって、どんな風に聴こえますか?
また、どういう事を意識して聴いてますか?

「他人のドラムソロが、何を叩いているのか分からなくなる」だとか、「ドラムソロを聴いていると、いつも拍の頭を見失う」なんて方、結構いるんではないでしょうか?

ドラムソロで複雑なフレーズやトリッキーなリズムを入れられても楽しんで聴くことが出来る秘訣、お教えします!
逆に、「聴き手にきちんと伝わるドラムソロを叩きたい!」というドラマーの方も必見ですよ!

続きを読む

41

@キャラバンサライ

今回の参加者は17名

ギター3名
ベース2名
ドラム5名
鍵盤3名
サックス1名
見学3名

セッションした曲は以下の通りです。(コード譜へのリンクあり)
続きを読む

3918d3532153f89f9fb0921e06fe67bb_s
 
皆さん、ジャム・セッションをする時、楽しんで演奏できていますか?
他の人の音、きちんと聴こえてますか?
それに反応出来ていますか?

ジャム・セッションというのは、音の会話です。
ソロの発表会になってしまわないように気をつけましょう!
この辺りは、過去記事【セッションを10倍楽しむ!(11)「楽器の演奏をやめてみましょう!」】でも触れました。

とはいえ、「セッションで恥をかきたくない」という気持ちはもの凄く分かります。
実際、今は上級者でドヤ顔してソロ取っているようなベテランミュージシャンも、必ずそういう時期があったはずです。また、ベテランだからといって会話が成立しているかというと、必ずしもそうではなかったりもします。

実はセッションの良し悪しというのは、楽器のうまさとはまた別なんですね。
では、楽器が下手でもセッションで重宝される、人気者になるための心構えをお教えします!

続きを読む
スポンサード リンク

↑このページのトップヘ