ジャム・セッションin高知

オールジャンルで敷居の低い、ジャム・セッションin高知では、毎月セッションを主催しています!当ブログでは、セッションなどのイベント開催情報、ジャム・セッション動画などご覧になれます。また、【セッションを10倍楽しむ方法】【グルーヴについての考察】【名演、名盤紹介】【セッション定番曲紹介】など、様々な情報を記事にしています。

カテゴリ: セッションを10倍楽しむ!

スポンサードリンク

C754_stadiorensyu_TP_V

皆さんはジャム・セッションに参加する時に、どういう目的で参加しますか?
「思いっきり楽器を演奏する事でストレス発散」
「バンドメンバー獲得の為、新たな出会いを求めて」
「たくさん練習したソロを、誰かに聞いて欲しくて」

様々な人が様々な目的を持って参加するのがジャム・セッションの魅力です。
しかし中には、
「ジャム・セッションを通して音楽性を高めたい」
「不特定多数の人と即興で素晴らしい音楽を作り上げたい」
などと、意識の高い方々がいらっしゃるのも事実です。

今回はそういう意識の高い方に向けて、ワンランク上の考え方をご紹介します!

その考え方はズバリ、

「自分を消す」

です!


頭に「?」が浮かんだ方、安心してください!
ほとんどの人が意味が分からないと思います。

これだけ聞いて理解できた方は、すでにかなり音楽経験が豊富で、色々な人と幾重にもわたるセッションを重ねてきた猛者ではないかと見受けられます。


それではさっそく、「自分を消す」とはどのような状態なのか、解説していきます!
続きを読む

a576e588c6b276d6acd4290084f79e53_s


不特定多数の人々が、一定のルールに従って、即興で音楽を作り上げていくのがジャム・セッションの醍醐味です。

ジャム・セッションにおいては「音で会話する」という要素がとても需要で、それはつまり音楽の根源的な楽しさでもあります!
つまり、ジャム・セッションの現場で人気者になる為には、それなりのコミュニケーション能力が必要となってきます。

実際の社会における言葉での会話においても、好かれる人・嫌われる人がいるように、音での会話においても同じような事が言えます!
ジャム・セッションの現場でどのような行為が嫌われるのか、代表的なものを3つ挙げますね!

当てはまる人は要注意!

続きを読む

42


音楽をある程度やっている人ならば一度は目にした事がある、“分数コード” について説明します!
“分数コード”とは、“オン(on)コード”とも呼ばれ、「C on B」や「G / B」などの様に表記されます。
「G / B」の場合、「G」が分子、「B」が分母となります。

分数と言っても、数学の様に「G」を「B」で“割る”訳ではありません。

このような分数コード表記は、「分子のコードのルート音とは違う音をハーモニーの最低音に指定する」時に使用されます。
具体的に言うと、「G / B」の場合、「G」のコードの構成音、「G,B,D」をコード楽器などが演奏し、ベースなどの最低音楽器が「B」を演奏するように、演奏者へ指示しているのです。
通常「G」コードが出てきた場合、ベースなどの最低音楽器は「G」を演奏しますから、分数コード「G / B」が出現した場合は、製作者が狙ってそのハーモニーを指示している場合が多いです。

ここで、分数コードに対する間違った認識から、演奏者が犯しやすい過ちを幾つか紹介します!
 

 続きを読む

a38ab315b103fd1984b9ec0004caf114_m

皆さん、ドラムソロって、どんな風に聴こえますか?
また、どういう事を意識して聴いてますか?

「他人のドラムソロが、何を叩いているのか分からなくなる」だとか、「ドラムソロを聴いていると、いつも拍の頭を見失う」なんて方、結構いるんではないでしょうか?

ドラムソロで複雑なフレーズやトリッキーなリズムを入れられても楽しんで聴くことが出来る秘訣、お教えします!
逆に、「聴き手にきちんと伝わるドラムソロを叩きたい!」というドラマーの方も必見ですよ!

続きを読む

41

@キャラバンサライ

今回の参加者は17名

ギター3名
ベース2名
ドラム5名
鍵盤3名
サックス1名
見学3名

セッションした曲は以下の通りです。(コード譜へのリンクあり)
続きを読む
スポンサード リンク

↑このページのトップヘ