ジャム・セッションin高知

オールジャンルで敷居の低い、ジャム・セッションin高知では、毎月セッションを主催しています!当ブログでは、セッションなどのイベント開催情報、ジャム・セッション動画などご覧になれます。また、【セッションを10倍楽しむ方法】【グルーヴについての考察】【名演、名盤紹介】【セッション定番曲紹介】など、様々な情報を記事にしています。

カテゴリ: セッションを10倍楽しむ!

スポンサードリンク

3918d3532153f89f9fb0921e06fe67bb_s
 
皆さん、ジャム・セッションをする時、楽しんで演奏できていますか?
他の人の音、きちんと聴こえてますか?
それに反応出来ていますか?

ジャム・セッションというのは、音の会話です。
ソロの発表会になってしまわないように気をつけましょう!
この辺りは、過去記事【セッションを10倍楽しむ!(11)「楽器の演奏をやめてみましょう!」】でも触れました。

とはいえ、「セッションで恥をかきたくない」という気持ちはもの凄く分かります。
実際、今は上級者でドヤ顔してソロ取っているようなベテランミュージシャンも、必ずそういう時期があったはずです。また、ベテランだからといって会話が成立しているかというと、必ずしもそうではなかったりもします。

実はセッションの良し悪しというのは、楽器のうまさとはまた別なんですね。
では、楽器が下手でもセッションで重宝される、人気者になるための心構えをお教えします!

続きを読む

piano-keys
前回に引き続き、音楽の初歩の初歩、インターバル=「音程」の話です!
前回、半音と全音、そして“度”という音程の表し方をお教えしましたね。

30

02

 上の図はCメジャースケール上での音程一覧です。
Cメジャースケールには、「完全」=パーフェトと「長」=メジャーという音程が出てきます。

実はそれ以外にも、「短」=マイナー、「増」=オーグメント、「減」=ディミニッシュという音程などがあるんです。

今回は、「短」や「増」などの音程の中でも、特に良く使われる音程をお教えしましょう!
 続きを読む

今回は、音楽理論の初歩の初歩です!
今まで「ダイアトニックコード」や「トニック、ドミナント」、「テンション」など、かなりわかりやすい言葉で解説しましたが、それでも良く分からない人は、今回の記事をしっかりと理解してみて下さい!

セッションで、「3度」とか、「7度」なんて言葉を耳にする事が多くあります。

これはインターバル、つまり「音と音の間隔」=「音程」の事なんです!

音の間隔の事を知る前に、まずは「半音」について知りましょう!
セッションの現場や、多くの音楽の現場で使われる音の間隔の最小単位が「半音」です。
こちらの鍵盤の図を見て下さい。
Jo7NoybnrmJa1gA1454594226_1454596211

続きを読む

71b1e107276a76e462dc3b45b9488828_s
 
ベーシストって、どんなイメージですか?
縁の下の力持ち、地味、そんなイメージですよね?

実際、ベースの役割は全体のハーモニーを一番下で支える事と、グルーヴを作る事です。
しかし、ジャム・セッションの現場では、それに加えてアドリブソロを要求される事が多々あります!
 
これは、実はベーシストに取ってかなり切実な問題なのです。
なにせ、普段地味な役回りなのに、いきなり主役にならなくてはならないんです。
アドリブソロが一番苦手なパートは、ベースであると言っても過言ではありません!

それでは、何故ベーシストがアドリブソロを苦手とするのか、解説しましょう!
 続きを読む

24c440e3bff4870a4babf5c3081ffeb4_s

「セッションを盛り上げたい!」
「ソロで観客を沸かせたい!」

このような願望、音楽をやっていたら誰にでもあると思います。
でも実際、どうやったらセッションが盛り上がるか、どうやったら場を盛り上げるソロが弾けるようになるか、分からない人が多いのではないでしょうか?

実は、「盛り上げる」という事は、超簡単なんです!

簡単に盛り上げる方法。それは、


事前に盛り下げる事!


 
単純にこれなんです。

これさえ出来れば簡単に誰でも、盛り上がりを演出する事が出来ます。
それでは、具体的に「盛り下げる」方法を挙げていきますね!
 続きを読む
スポンサード リンク

↑このページのトップヘ