ジャム・セッションin高知

オールジャンルで敷居の低い、ジャム・セッションin高知では、毎月セッションを主催しています!当ブログでは、セッションなどのイベント開催情報、ジャム・セッション動画などご覧になれます。また、【セッションを10倍楽しむ方法】【グルーヴについての考察】【名演、名盤紹介】【セッション定番曲紹介】など、様々な情報を記事にしています。

カテゴリ: セッションを10倍楽しむ!

スポンサードリンク

ダウンロード

今年の7月に他界したジャズ・ピアニスト菊地雅章氏が、近年の自分のバンドの事をEnsemble Improvisation(アンサンブル・インプロヴィゼーション)だと語っていたそうです。

ベースのモーガン、ギターのネウフェルド、同じ81年8月生まれの30さい、ともにプーさんやモチアンに負けない耳の良さがわかる。プーさんというと、ピーコック、モチアンとのテザード・ムーンの黄金のトリオが挙がるが、もうピーコックはいらないだろう、この二人モーガン、ネウフェルドの若き畏れを知らない才能にプーさんのピアノはさらに先に出ている。プーさんはこの演奏に“ensemble improvisation”という語を用いている。おれは...、名人の舞う能を感じさえしている。
※引用 http://www.jazztokyo.com/column/tagara/tagara-26.html

アンサンブル・インプロヴィゼーション、合奏による即興といえば、フリージャズなどが思い浮かぶかと思いますが、実際はどのジャンルのジャム・セッションでもこの考え方が重要なのではないかと思います。続きを読む

maxresdefault
アドリブフレーズというと、“曲のコード進行に合ったスケールを演奏しないといけない”と思っている方も多いと思います。

もちろんある意味では正しいです。しかし、初心者がこの考え方から入ってしまうと、最初は頭がついていかずに「何も演奏出来なくなる」、慣れて来ても「スケールをなぞるだけ」、実際セッションでソロを演奏しても「誰の印象にも残らない」といったパターンに陥りがちです!
そして最悪の場合はアドリブをする事に対して恐怖心を抱いてしまいます。

音楽理論に基づいたスケールというのは非常に学ぶ価値の高いものですし、身につける事で今まで思いつかなかったフレーズを習得する事が出来ます。
しかし、そればかりを学んでしまうと、音楽のほんの少しの部分しか理解できないままとなってしまう危険があります!続きを読む

wnh7rR0ggUOKrCV1440264066_1440264229
ジャム・セッションに慣れてきたら、色々な曲を演奏したくなると思います!

しかし、ジャム・セッションは不特定多数の人が即興的に演奏する為、どうしても毎回同じ曲になりがちです。その方が手っ取り早く楽しめて無難だからです。

しかし、せっかくなら色々な曲も演奏したいですよね!
普段から気に入って家でよく練習していて自信のある曲、他の人と合わせてみたい曲などは、どんどんジャム・セッションに持ち込みしちゃいましょう! 

その為に気をつける事をいくつか挙げます! 続きを読む

maxresdefault

ジャム・セッションを楽しむにあたって、選曲は非常に重要となってきます。
今回は、セッションホストとして重要である、“みんなに楽しくセッションしてもらう”為に非常に重要な、「選曲」についてのお話です!

世の中には、数えきれない程の楽曲が存在しています。
その中でも、特にジャム・セッションで好まれて演奏される曲には一定の共通点があります。続きを読む

セッションの場では、しばしば「リードシート」というものを使用します。

08
 このような、テーマのメロディなどの主要な部分の五線譜と、コードだけ記載されたシンプルなものです。


全員が曲を知っている事は非常に少ないため、この「リードシート」 に沿ってセッションを進行する事が多いのですが、数ある定番曲のリードシートを全て作成する労力は大変なものになります。

そこで、昔から「リードシート」集が市場に出回っているのですが、これも数が多くて全部揃えるのは大変です!かなりのお金がかかりますし、全て持ち運ぶと鞄はパンパンになってしまいます。

様々な「リードシート」集の中から、おすすめをいくつか紹介します! 続きを読む
スポンサード リンク

↑このページのトップヘ