ジャム・セッションin高知

オールジャンルで敷居の低い、ジャム・セッションin高知では、毎月セッションを主催しています!当ブログでは、セッションなどのイベント開催情報、ジャム・セッション動画などご覧になれます。また、【セッションを10倍楽しむ方法】【グルーヴについての考察】【名演、名盤紹介】【セッション定番曲紹介】など、様々な情報を記事にしています。

【次回セッション情報】
ジャム・セッションin高知主催
『Thursday Night Session』
2017.8/17(木)
20:00~23:00
at キャラバンサライ(3Fホール)
参加費1,000円

【セッション超初心者講座】
※20:00~のジャム・セッション参加者の方限定!(見学含む)
2017年8月17日(木)
19:00~19:45
at キャラバンサライ(3Fホール)
参加費 1.000円(セッション参加費込みで2,000円)
講師:勝賀瀬裕典

カテゴリ: 世界の音楽動画発掘

スポンサードリンク

33


Robert Glasper(ロバート・グラスパー), Kamasi Washington(カマシ・ワシントン), Thundercat(サンダーキャット), Terrace Martin(テラス・マーティン), Chris Dave(クリス・デイヴ)なんて、最高の組み合わせ!

一応、曲はMiles Davis(マイルス・デイヴィス)の“Nardis”ですが、自由度高すぎて原型はほぼありませんw
 続きを読む

55
 
アメリカのホワイトハウスで行われたInternational Jazz Day 2016の中で、Prince(プリンス)のトリビュートライブが行われたのですが、そのメンツが凄いです!

Aretha Franklin(アレサ・フランクリン)/ Vo.
Herbie Hancock(ハービー・ハンコック)/ Key.
Robert Glasper(ロバート・グラスパー)/ Pf.
Terrace Martin(テラス・マーティン)/ A.sax
Lionel Loueke(リオーネル・ルエケ)/ Gt.
Ben Williams(ベン・ウィリアムス)/ Ba.
Rapsody(ラプソディ)/ Rap
Terri Lyne Carrington(テリ・リン・キャリントン)/ Dr.

内容は4分足らずですが、とにかくメンツが他ではあまり観れない組み合わせで必見です!続きを読む

32
 
ロサンゼルスの『The Virgil』 で行われたLIVEの動画が凄く良かったので紹介します!

Terrace Martin(テラス・マーティン)とRobert Glasper(ロバート・グラスパー)がホストしたイベントのようで、ゲストにThundercat(サンダーキャット)を迎えてHerbie Hancock(ハービー・ハンコック)の“Butterfly”を演奏した時の映像です。

選曲もイカすんですが、ソロパートのセッションがヤバすぎます!
まさに生きた音楽。まさに生き物がうごめくように自由に展開するセッションは必見です。
 続きを読む

53
 
みなさん、D'Angelo(ディアンジェロ)の伝説的なアルバム、『Voodoo』はご存知ですか?
Soul/R&Bなどのブラックミュージックが好きな人なら知らない人はいないでしょう。

何年もセッションを重ねて生み出した独特なグルーヴ、細部まで作り込まれたアレンジとコーラスワーク、聴けば聴くほど中毒になるこの『Voodoo』でドラムを叩いているのが、HipHopバンド・The Roots(ザ・ルーツ)のドラム、Questlove(クエスト・ラブです。

もったりとずれたような特徴的なドラムですよね!
実はこれ、自然なずれではなく、狙ってやっているんです。
最近はこういうわざとズラす手法がヒップホップやジャズ界隈で流行っています。

このQuestlove(クエスト・ラブ)が、Red Bull Music Academyにて『Voodoo』のドラミングについて解説している部分の抜粋動画がありましたので、ご覧下さい!

続きを読む

37
 
 天才少年少女は数多くいますが、先日グラミー賞にノミネートされたJoey Alexander(ジョーイ・アレキサンダー)君のように、“高い音楽性”も兼ね備えた少年少女はそうそう多くありません。

しかし、シカゴの教会で演奏する15才のゴスペルドラマー、Jaylan Crout(ジェイラン・クラウト)君は、ゴスペルチョップドラムの卓越したテクニックはもちろんですが、その場の雰囲気に合わせる音楽的な対応力も兼ね備えています。

黒人コミュニティの教会はこういう素晴らしい才能が育つ土壌がしっかりとあるのが素晴らしいですよね!

驚きの実力を、どうぞご覧下さい!続きを読む
スポンサード リンク

↑このページのトップヘ