ジャム・セッションin高知

オールジャンルで敷居の低い、ジャム・セッションin高知では、毎月セッションを主催しています!当ブログでは、セッションなどのイベント開催情報、ジャム・セッション動画などご覧になれます。また、【セッションを10倍楽しむ方法】【グルーヴについての考察】【名演、名盤紹介】【セッション定番曲紹介】など、様々な情報を記事にしています。

タグ:セッション報告

スポンサードリンク

32
(写真撮る暇なかったので、ツイキャスのスクショです。画質粗くてすいません。。。)

2016年4月18日(月)
@キャラバンサライ

今回の参加者は11名

ギター1名
ベース2名
ドラム5名
鍵盤1名
サックス1名
カズー1名

セッションした曲は以下の通りです。(コード譜へのリンクあり)

続きを読む

12729206_957630664327195_7838259703575809054_n


@キャラバンサライ

今回の参加者は18名

ギター4名
ベース3名
ドラム5名
鍵盤3名
バリトンサックス1名
ハーモニカ1名
見学1名


セッションした曲は以下の通りです。(コード譜へのリンクあり)

続きを読む




@キャラバンサライ

今回の参加者は15名

ギター4名
ベース3名
ドラム4名
鍵盤名1名
ハーモニカ3名(←!!)

セッションした曲は以下の通りです。(コード譜へのリンクあり)続きを読む




@キャラバンサライ

今回の参加者は11名

ギター3名
ベース2名
ドラム2名
鍵盤3名
ハーモニカ1名

セッションした曲は以下の通りです。(コード譜へのリンクあり)続きを読む

00874e533f3ae6bb8cb86a46e2e4f243_m

月1のセッション超初心者講座だけでは飽き足らず、暇さえあればセッションにお邪魔したりホストしたりしているんですが、先日“ハングドラム”という楽器とセッションさせて頂く機会がありました。

亀の甲らみたいな、UFOみたいな形の楽器で、音はスチールパンをもっと柔らかく神秘的にしたような音なんですが、セッションが不思議な雰囲気になって、とても新鮮でした!

音の配列が決まっているため、あるスケール上では本当に自由に演奏できていい雰囲気になるのですが、転調などは出来ません。
まずはその楽器のスケールを把握した上で、周りの楽器が“ハングドラム”のスケールに合わせて上げる必要があります。基本的にコード1発っぽい、ふわっとしたセッションになりますが、純粋に相手の音に反応する必要があるため、演奏への没入感もありますし、よりリズムやサウンドで会話するセッションになります!

ソロですが、実際演奏している動画がYouTubeに上がってましたのでご覧下さい!

続きを読む
スポンサード リンク

↑このページのトップヘ