ジャム・セッションin高知

オールジャンルで敷居の低い、ジャム・セッションin高知では、毎月セッションを主催しています!当ブログでは、セッションなどのイベント開催情報、ジャム・セッション動画などご覧になれます。また、【セッションを10倍楽しむ方法】【グルーヴについての考察】【名演、名盤紹介】【セッション定番曲紹介】など、様々な情報を記事にしています。

タグ:デリック・ホッジ

スポンサードリンク

_SL1200_

先日、新曲“Find You”を公開したRobert Glasper Experiment(ロバート・グラスパー・エクスペリメント)ですが、新たに“Day To Day”、“Thinkin Bout You”の2曲も公開されている模様です!

ニューアルバム『ArtScience』は、2016年9月16日発売です。

続きを読む

_SL1200_

Black Radio』『Black Radio 2』の大ヒットから3年。
ついにRobert Glasper Experiment(ロバート・グラスパー・エクスペリメント)名義での新作アルバムがリリースされます!
2016年9月16日、アルバムタイトルは『ArtScience』です。

今回はゲストミュージシャンは迎えず、Robert Glasper(ロバート・グラスパー)、Casey Benjamin(ケイシー・ベンジャミン)、Mark Colenburg(マーク・コレンバーグ)、Derrick Hodge(デリック・ホッジ)の4人でほぼ演奏されているようです。

Herbie Hancock(ハービー・ハンコック)の“Tell Me A Bedtime Story”のカバーも収録されるようで、楽しみですね!
 続きを読む

iReal用データ
(※データのダウンロードにはDropboxアカウントの作成、表示には『iReal Pro』が必要です)
【DL→】Old Folks.html

44

テーマは以下の書籍をご参照下さい。
続きを読む

ダウンロード

今年の7月に他界したジャズ・ピアニスト菊地雅章氏が、近年の自分のバンドの事をEnsemble Improvisation(アンサンブル・インプロヴィゼーション)だと語っていたそうです。

ベースのモーガン、ギターのネウフェルド、同じ81年8月生まれの30さい、ともにプーさんやモチアンに負けない耳の良さがわかる。プーさんというと、ピーコック、モチアンとのテザード・ムーンの黄金のトリオが挙がるが、もうピーコックはいらないだろう、この二人モーガン、ネウフェルドの若き畏れを知らない才能にプーさんのピアノはさらに先に出ている。プーさんはこの演奏に“ensemble improvisation”という語を用いている。おれは...、名人の舞う能を感じさえしている。
※引用 http://www.jazztokyo.com/column/tagara/tagara-26.html

アンサンブル・インプロヴィゼーション、合奏による即興といえば、フリージャズなどが思い浮かぶかと思いますが、実際はどのジャンルのジャム・セッションでもこの考え方が重要なのではないかと思います。続きを読む

Derrick-Hodge-LiveToday_cover

Mulgrew Miller(マルグリュー・ミラー)のアルバムへの参加したり、Terence Blanchard(テレンス・ブランチャード)のバンドに所属していたジャズ・ベーシストのDerrick Hodge(デリック・ホッジ)ですが、Jill Scott(ジル・スコット)やMusiq Soulchild(ミュージック・ソウルチャイルド)などのツアーに参加したり、Common(コモン)やSade(シャーデー)、Mos Def(モス・デフ)などとも共演したり、ネオソウルやヒップホップなど幅広く活躍しています。
Robert Glasper Experiment(ロバート・グラスパー・エクスペリメント)のメンバーとしてグラミー賞を取った事で、一気に知名度があがりました。
そんなウッドベース/エレクトリックベース奏者、Derrick Hodge(デリック・ホッジ)のリーダーアルバム『Live Today』を紹介します!続きを読む
スポンサード リンク

↑このページのトップヘ