ジャム・セッションin高知

オールジャンルで敷居の低い、ジャム・セッションin高知では、毎月セッションを主催しています!当ブログでは、セッションなどのイベント開催情報、ジャム・セッション動画などご覧になれます。また、【セッションを10倍楽しむ方法】【グルーヴについての考察】【名演、名盤紹介】【セッション定番曲紹介】など、様々な情報を記事にしています。

タグ:ニーナ・シモン

スポンサードリンク

_SL1200_
 
独特な歌声とビブラートで唯一無二の存在であるジャズ・シンガー、Nina Simone(ニーナ・シモン)は、鋭い切り口と感性を揺さぶる歌詞が素晴らしい、シンガーソングライターでもあります。

彼女の功績は偉大で、2003年に他界してからも、数々のミュージシャンからリスペクトされ、カバーされ続けています。近年でも、Meshell Ndegeocello(ミシェル・ンデゲオチェロ)の『Pour Une Ame Souveraine a Dedication to Nina Simon』や、Robert Glasper(ロバート・グラスパー)やLauryn Hill(ローリン・ヒル)などの共同作『Nina Revisited: a Tribute to N』などトリビュートアルバムがリリースされています。

“ローリング・ストーンの選ぶ歴史上最も偉大な100人のシンガー”では第29位に選ばれています。

今回は、1966年のアルバム『Wild Is The Wind』を紹介します!

続きを読む

QjL4wc6S1tosyUI1454973395_1454973739
今回もまずはおさらい。

「グルーヴ」させるためのキーワードは、 
 
「体内メトロノーム」 

「タメと瞬発力」 

「On The ONE」 

「リズムずらし」
 

です。 



「体内メトロノーム」が身に付き、「タメと瞬発力」でリズムを自由にコントロール出来るようになったら、あとはあなたの音楽そのものをグルーヴさせていきましょう。

この段階で、「バックビートをレイドバックさせる」だとか、「もたった感じで演奏する」だとか、「つっこんだ感じで演奏する」というような事は、自在に操れる事が前提です。
演奏がそのように出来ているかというよりも、体がそのように動いているか、が重要です。


ファンクミュージックは現代における全てのブラックミュージックの祖です。
ファンクネスを感じられない音楽はブラックミュージックではないと言っても過言ではありません。

そんな、音楽を「グルーヴ」させ、ファンクネスを感じさせる為に一番大事なキーワードが、「On The One」です。

それでは早速、「On The One」というものがどういうものなのか、Bootsy Collins(ブーツィー・コリンズ)の動画を見て下さい。
続きを読む

laurynhill

Lauryn Hill(ローリン・ヒル)がアメリカのTV番組「The Tonight Show」で、Nina Simone(ニーナ・シモン)の名曲“Feeling Good”を披露した動画をご覧下さい!

歌唱力とソウルは未だ健在です!
 続きを読む

_SX425_

2015年7月10日に発売予定の、Nina Simone(ニーナ・シモン)のトリビュート・アルバム『Nina Simone: A Tribute to Nina Simone 』の参加メンバーがすごいです!

Robert Glasper(ロバート・グラスパー)プロデュースで、Lauryn Hill(ローリン・ヒル)、Usher(アッシャー)、Mary J. Blige(メアリー・J. ブライジ)、Gregory Porter(グレゴリー・ポーター)、Common(コモン)、Lalah Hathaway(レイラ・ハサウェイ)などが参加するそうです。

中でもLauryn Hill(ローリン・ヒル)は、6曲も参加するそうです!
大ヒットの『Miseducation』から、ずっと新作が待望されているだけに、新作への期待も高まりますね!続きを読む

四者四様の黒人女性の悲しみ、力強さなどを見事に歌いきるNina Simoneの名曲、『Four Women』ですが、様々なアーティストにカバーされていもいますので、それをいくつか紹介します!

まず、本家から。
by
Nina Simone(ニーナ・シモン)
続きを読む
スポンサード リンク

↑このページのトップヘ