ジャム・セッションin高知

オールジャンルで敷居の低い、ジャム・セッションin高知では、毎月セッションを主催しています!当ブログでは、セッションなどのイベント開催情報、ジャム・セッション動画などご覧になれます。また、【セッションを10倍楽しむ方法】【グルーヴについての考察】【名演、名盤紹介】【セッション定番曲紹介】など、様々な情報を記事にしています。

タグ:ピー・ウィー・エリス

スポンサードリンク

_SL1145_

James Brown(ジェームス・ブラウン)のバックバンド、JB'sのサックスプレイヤーであり、George Clinton(ジョージ・クリントン)率いるP-Funkにも参加していた、Maceo Parker(メイシオ・パーカーの至高のライブアルバム『Life on Planet Groove』を紹介します!

このアルバムはライブ盤なのですが、とにかくグルーヴが最高です。
また、ライブの熱量がものすごい臨場感で伝わってきます!
ただ聴くだけで自然と体が動く。
これはもう全世界共通、聴けば分かるって感じですね!


メンバーはこちら
Maceo Parker(メイシオ・パーカー) / A.Sax
Fred Wesley(フレッド・ウェズリー)/ Tb.
Pee Wee Ellis(ピー・ウィー・エリス)/ Fl. & T.Sax
Rodney Jones(ロドニー・ジョーンズ)/ Gt.
Kenwood Dennard(ケンウッド・デンナード )/ Dr.
Vincent Henry(ヴィンセント・ヘンリー)/ Ba.
Larry Goldings(ラリー・ゴールディグス )/ T.Sax & Vo. & Organ

ゲストも豪華です!
Kym Mazelle(キム・マゼル)/ Vo.
Candy Dulfer(キャンディ・ダルファー)/ A.Sax


続きを読む

My-First-Name-Is-Maceo
my_first_name_01

グルーヴを知る上で、このDVDは欠かせません!

Maceo Parker(メイシオ・パーカー)の、『My First Name Is Maceo』です!

演奏パートとインタビューパートが入り交じった構成なんですが、演奏も凄いですが、インタビューパートまでグルーヴしまくりですw

バンドメンバーは以下の通り続きを読む

今回紹介するのは、Maceo Parker(メイシオ・パーカー), Fred Wesley(フレッド・ウェズリー), Pee Wee Elis(ピー・ウィー・エリス) による"Let's Get It On"のLIVE映像です!



この曲は言わずと知れたMarvin Gay(マーヴィン・ゲイ)の超有名曲です。

で、もちろんこの3人のプレイも素晴らしいのですが、それ以外も素晴らしいんです!


続きを読む

iReal用データ
(※表示には『iReal Pro』が必要です)
The Chicken.html
The Chicken

テーマは以下の書籍に収録されています。
続きを読む

Maceo Parker(メイシオ・パーカー)、Pee Wee Ellis(ピー・ウィー・エリス)Fred Wesley(フレッド・ウェズリー )ら、JB’sによる名演です。
この3人を知らずにFunkは語れない!



Alto Saxophone: Maceo Parker(メイシオ・パーカー
Tenor Saxophone: Pee Wee Ellis(ピー・ウィー・エリス
Trombone: Fred Wesley(フレッド・ウェズリー
Organ: Will Boulware(ウィル・ボールウェア
Guitar: Bruno Speight(ブルーノ・スペイト
Bass: Jerome Preston(ジェリー・プレストン
Drums: Jamal Thomas(ジャマール・トーマス

 


スポンサード リンク

↑このページのトップヘ