ジャム・セッションin高知

オールジャンルで敷居の低い、ジャム・セッションin高知では、毎月セッションを主催しています!当ブログでは、セッションなどのイベント開催情報、ジャム・セッション動画などご覧になれます。また、【セッションを10倍楽しむ方法】【グルーヴについての考察】【名演、名盤紹介】【セッション定番曲紹介】など、様々な情報を記事にしています。

タグ:ブラック・ソート

スポンサードリンク

51+KhbZwcdL

ウッドストック出身の3人組ジャズ/ファンクトリオ、Soulive(ソウライヴ)の2002年のアルバム『Next』を紹介します!

Soulive(ソウライヴ)は、ギターのEric Krasno(エリック・クライズノー)、ドラムのAlan Evans(アラン・エヴァンス)、キーボード/オルガンのNeal Evan(ニール・エヴァンス)のトリオなのですが、このアルバムではサックス奏者のSam Kininger(サム・キニンジャー)がメンバーに正式加入しています。

その他、The Roots(ザ・ルーツ)のBlack Thought(ブラック・ソート)、シンガーのAmel Larrieux(アメル・ラリュー)などが参加しています。

続きを読む

The_Tipping_Point_(album)

今回紹介するのは、The Rootsの『Tipping Point 』です。

 The Rootsとは、ヒップホップをバンド形態で演奏するスタイルのバンドです。
メンバーの中で核となっているのが、ドラムのQuestlove(クエストラブ)です。
クエストラブ
 彼はD'Angeloの盟友であり、『Voodoo 』や『Black Messiah 』にもドラムで参加しており、ライブでもよくドラムを叩いています。

The Rootsはたくさんのアルバムを出していますが、中でもこの『The Tipping Point』は秀逸で、サウンド、グルーヴ、完成度が素晴らしいのはもちろん、僕が勝手に重要視している「何回聴いても飽きない度」が全アルバム中No.1です!

I Dont Care
続きを読む
スポンサード リンク

↑このページのトップヘ