ジャム・セッションin高知

オールジャンルで敷居の低い、ジャム・セッションin高知では、毎月セッションを主催しています!当ブログでは、セッションなどのイベント開催情報、ジャム・セッション動画などご覧になれます。また、【セッションを10倍楽しむ方法】【グルーヴについての考察】【名演、名盤紹介】【セッション定番曲紹介】など、様々な情報を記事にしています。

タグ:レイラ・ハサウェイ

スポンサードリンク

51W2DiCmJ3L

Crusaders(クルセイダース)のメンバーであり、ソロでもピアニスト/キーボード奏者で活躍、ジャズ/フュージョン界のレジェンド、Joe Sample(ジョー・サンプル)と、Donny Hathaway(ダニー・ハサウェイ)の実娘であり、圧倒的な歌唱力で数々のミュージシャンから絶大な信頼を寄せられているシンガーのLalah Hathaway(レイラ・ハサウェイ)の名盤『Song Lives on』を紹介します!

このアルバムは、1999年にリリースされました。

ジャズ/フュージョンのカテゴリなんだと思いますが、Joe Sample(ジョー・サンプル)のプレイスタイルと、父親を彷彿とさせるLalah Hathaway(レイラ・ハサウェイ)のボーカルにより、ソウルアルバムと言っても間違いではないような、そんな作品になっています。
 続きを読む

44
 
昨年10月に発売されたLalah Hathaway(レイラ・ハサウェイ)のアルバム『Live』に、“Litte Ghetto Boy”という曲が入っています。
元々は実父であるDonny Hathaway(ダニー・ハサウェイ)の曲ですが、この曲をRobert Glasper(ロバート・グラスパー)とTerrace Martin(テラス・マーティン) 、Snoop Dogg(スヌープ・ドッグ)でリワークしたシングル“Ghetto Boy”のMVがアップされていました!

最近流行のジャズ+ネオソウル+ヒップホップ調のトラックの上で、Snoop Dogg(スヌープ・ドッグ)の独特なラップがいい感じです!
 続きを読む

81LdPhIMhSL
 
Donny Hathaway(ダニー・ハサウェイ)の 超名盤『Live』は以前紹介しましたが、娘のLalah Hathaway(レイラ・ハサウェイのライブアルバム『Lalah Hathaway Live』も負けず劣らず名盤でした!

実は収録した会場も、Donny Hathaway(ダニー・ハサウェイ)のLive』と同じだそうです。
アルバム『Black Radio』などで親交の深いRobert Glasper(ロバート・グラスパー もゲストで参加しています!

続きを読む

51YvQdXkPoL
デビュー以来、現在に至るまで唯一無二の孤高の存在として君臨するベーシスト/シンガーソングライター、Me'shell Ndegeocelloミシェル・ンデゲオチェロ)の4作目、2002年の作品『Cookie: The Anthropological Mixtape』を紹介します!

何を隠そう、個人的に一番好きなアルバムです。
3作目の『Bitter』からガラリと印象が変わり、ファンク/ヒップホップ色の強い内容となっています。

1曲目から、めちゃくちゃいい音とヤバいグルーヴでやられます!
参加ゲストアーティストも、Talib Kweli(タリブ・クウェリ)、Marcus Miller(マーカス・ミラー)、Kid Funkadelic(キッド・ファンカデリック)ことMichael Hampton(マイケル・ハンプトン)、Lalah Hathaway(レイラ・ハサウェイ)、Redman(レッドマン)など、豪華です!
 続きを読む

81LdPhIMhSL

あのDonny Hathaway(ダニー・ハサウェイ)娘で、Marcus Miller(マーカス・ミラー)、Joe Sample(ジョー・サンプル)などの大御所から、Robert Glasper Experiment(ロバート・グラスパー・エクスペリメント)やSnarky Puppy(スナーキー・パピー)などの新進気鋭のバンドまで、数多くのミュージシャンと共演している、Lalah Hathaway(レイラ・ハサウェイのニューアルバムが10月30日に発売されるようです!

Lalah Hathaway Live』というタイトルらしいのですが、そのアルバムの中から、“Little Ghetto Boy” のミュージックビデオがYouTubeで公開されていましたので紹介します!
“Little Ghetto Boy”は、父親であるDonny Hathaway(ダニー・ハサウェイ)の名盤、『Live』にも収録されている曲です!

続きを読む
スポンサード リンク

↑このページのトップヘ