ジャム・セッションin高知

オールジャンルで敷居の低い、ジャム・セッションin高知では、毎月セッションを主催しています!当ブログでは、セッションなどのイベント開催情報、ジャム・セッション動画などご覧になれます。また、【セッションを10倍楽しむ方法】【グルーヴについての考察】【名演、名盤紹介】【セッション定番曲紹介】など、様々な情報を記事にしています。

タグ:レイ・チャールズ

スポンサードリンク

46f3dec77d22fb3a26cac9e0e5568f9a_s
 
メリークリスマス!

ということで、今日はクリスマス企画です!
世の中には、たくさんのクリスマスソングがありますが、その中でもブラックミュージックに的を絞って、おすすめの10曲を紹介します!

ピン!ときた曲があれば、クリスマス演奏のレパートリーに加えてみてはいかがでしょうか?


1. Jackson 5(ジャクソン・ファイブ)/ “Santa Claus Is Comin' To Town”
 
超有名曲ですね!
誰もが知っている曲です。
ポップでキャッチーです。
 続きを読む

iReal用データ
(※表示には『iReal Pro』が必要です)
【DL→】Hallelujah I Love Him So.html

18

テーマは以下の書籍をご参照下さい。
続きを読む

今回の名演は、Stevie Wonder(スティービー・ワンダー)とRay Charles(レイ・チャールズ)の競演です!

Stevie Wonder(1950〜)はポップスの神様といわれ、Ray Charles(1930〜2004)はソウルの神様と呼ばれています。

曲はStevie Wonder(スティービー・ワンダー)の『Innervisions 』に収録されている“Living for the city”(邦題:汚れた街)です。

二人ともそれぞれ全く違った違った個性を持っており、歌い回しもピアノのプレイも全く違います。

共通点は、盲目である事と、体全体で音楽をしている事くらいですね!

二人の神様による競演は、圧巻です!


スポンサード リンク

↑このページのトップヘ