ジャム・セッションin高知

オールジャンルで敷居の低い、ジャム・セッションin高知では、毎月セッションを主催しています!当ブログでは、セッションなどのイベント開催情報、ジャム・セッション動画などご覧になれます。また、【セッションを10倍楽しむ方法】【グルーヴについての考察】【名演、名盤紹介】【セッション定番曲紹介】など、様々な情報を記事にしています。

タグ:勝賀瀬達也

スポンサードリンク

rectangle_large_bade2f7b6be2e2a1f082c55d44f16686.jpg

ジャム・セッションin高知の勝賀瀬達也がnoteで役に立ちそうな記事を書いていたので、紹介します!

当ブログで解説した、「体内メトロノーム」「ずらし」「コアリズムとエンドリズム」などにも通じる部分があります。

バンドもセッションも、音楽は結局、人と人がやる事です。

最終的に全員の演奏が混ざった時の音が素晴らしい事が一番大事ですので、テクニカルな面ばかりに縛られるのではなく、「曲のために」という観点で演奏を大きく捉える事が重要ですね!

「木を見て森を見ず」にならない事が重要ではないでしょうか。




勝賀瀬 達也

高知県在住。ドラマー。 ジャズ/R&Bを主体に演奏活動をしています。 基本的に音楽に関することを投稿する予定です。 演奏サポート、ドラムレッスンなど承ります。

引用先記事【https://note.mu/tatsuya_shogase/n/n617a857c0faf

「リズムが走ってると言われて直したら、モタってると言われる。・・・じゃあどうしろと!?」ってなる時の解消法

バンドの練習をしている時に、こんな風に言われたことありませんか?

ギター 「ドラム、走ってるよ」

ドラム 「え、分かった。気を付ける。」

ボーカル「ドラム、今度はモタりすぎ」

ドラム 「え、分かった。気を付ける。」

ベース 「ドラム、リズム揺れすぎ」

ドラム 「・・・ (´・ω・`)」

ドラマーに限らず、「じゃあどうしろと?」ってなった人、結構いるんじゃないでしょうか?たしかに僕にもそんな経験があります。

今回はそれを解消するためのヒント的なやつを書いてみようと思います。


続きを読む

10

Stevie Wonder(スティービー・ワンダー)の名曲、“Isn't She Lovely”のセッション動画です!

ヤマハPMSピアノ講師の藤本貴子さん、同じくヤマハPMSボーカル/ゴスペル講師のmasacoさん、ギター講師/作曲家の西岡良治さんから、現役大学生まで幅広く参加していて賑やかなセッションとなりました!

みんな一度は聞いたことがある有名なキメフレーズがありますが、それは出来なくてもとりあえず参加はできます。
原曲通りEメジャーのキーでやったり、ピアノや管楽器の人がやりやすいFのキーでやったりしますが、決めフレーズは“キーの5度上から始まるペンタトニックスケール”と覚えておけば移調しても対応しやすいですよ!
 
続きを読む

14034831_1112601472166310_2485938279453336770_n
 
ジャム・セッションin高知のドラマー、勝賀瀬達也による本格Jazzライブの告知です!
県外からもミュージシャンを迎えての熱い演奏になるでしょう!

勝賀瀬達也のオリジナル曲は、まれに当セッションにてプレイされますが、スタンダード曲のにはない奇抜さと難度の高さで盛り上がります。

今回のライブではおそらくそういった曲が演奏されるでしょう!続きを読む
スポンサード リンク

↑このページのトップヘ