ジャム・セッションin高知

オールジャンルで敷居の低い、ジャム・セッションin高知では、毎月セッションを主催しています!当ブログでは、セッションなどのイベント開催情報、ジャム・セッション動画などご覧になれます。また、【セッションを10倍楽しむ方法】【グルーヴについての考察】【名演、名盤紹介】【セッション定番曲紹介】など、様々な情報を記事にしています。

タグ:納浩一

スポンサードリンク

14961363_1020668034728497_565223151_n
 
日本のジャズ・セッションの現場では欠かせない本、通称『黒本』の作者であり、日本を代表するジャズベーシスト、納 浩一さんが、また高知に来るらしいです!
高知には結構いらしているようで、過去には地元ミュージシャンとセッションするイベントもありました。

今回は、 日本で活躍されている若手ピアニスト、山野 友佳子さんとのデュオで高知に来られるようです!

続きを読む

94324a18ea6696e806fde42edb7109f2_s
 
言葉に「子音」と「母音」があるように、楽器の演奏にも「子音」と「母音」があるんです!
という新発見を、記事にしました。

目からウロコ!楽器にも「子音」と「母音」がある!

【子音と母音とグルーヴ】日本人が“ズレ”ていると感じても、実は「子音」はバッチリ合っていた!


この発見をしてから、音楽の聴き方が大きく変わってきました。
今まで無意識に母音で聴いていたためにズレていると思っていたものが、子音に集中して聴くだけでピッタリと合って聴こえるんです。
「ズレてるけどめっちゃグルーヴしてる!」と思っていたものが、実はズレていなかった合わす部分が日本人と違っただけ、という事が分かり、今は非常にスッキリしています。

例えば、このFred Wesley(フレッド・ウェズリー)の音源。続きを読む

_SX384_BO1,204,203,200_
ジャズ・スタンダード・バイブル FOR ADLIB ~50の名曲で学ぶ実践アドリブ構築 (CD付)

日本のジャズセッションの定番“黒本”に収録されている曲から50曲をピックアップし、その模範アドリブを集めた楽譜集が発売されるようです。

「ジャズのソロって、何を演奏していいか分からない!」とか、「フレーズが全然思いつかない!」 というミュージシャンの方にはオススメなんじゃ無いでしょうか!?続きを読む

納浩一セッション



またもや、あの“黒本”の作者、納浩一氏のセッションが高知のCafe and Dining zeroさんで行われるそうです!
これは、要チェックですよ!続きを読む
スポンサード リンク

↑このページのトップヘ