セッションに関する質問はこちらからどうぞ!

【名演紹介】”Let’s Get It On” / Maceo Parker(メイシオ・パーカー), Fred Wesley(フレッド・ウェズリー), Pee Wee Elis(ピー・ウィー・エリス)

この記事は約1分で読めます。

今回紹介するのは、Maceo Parker(メイシオ・パーカー), Fred Wesley(フレッド・ウェズリー), Pee Wee Elis(ピー・ウィー・エリス) による”Let’s Get It On”のLIVE映像です!

この曲は言わずと知れたMarvin Gay(マーヴィン・ゲイ)の超有名曲です。

で、もちろんこの3人のプレイも素晴らしいのですが、それ以外も素晴らしいんです!


まず、Bruno Speight(ブルーノ・スペイト)のギターが素晴らしい!
Bruno Speight
この人はもうず〜っとMaceoのバンドにいる人なんですが、まさにファンク職人といった感じで、卓越したギターコントロール能力で、まるで指がギターに吸い付いているように自由自在に動きます!
日本に来た時、生で観て圧倒されました。

ギターソロはこんな感じです。


まさに、ギターが体の一部といった感じです!
まだまだ現役バリバリ、凄腕プレイヤーです。

次に、Jelly Preston(ジェリー・プレストン)のベースと歌が素晴らしいんです!
j
グルーヴィーなベースはもちろんですが、そのソウルフルな歌声にも驚かされます。
ひょうきんな人柄が音に出てますね!

ベースソロはこんな感じ


ソロもめちゃくちゃグルーヴしてますよね!

本当に、ファンクは奥が深いです!

スポンサーリンク
あなたのセッション用オリジナル曲を教えて下さい!
セッションに関する質問受け付けてます!
この記事を書いた人
Yusuke Shogase

1983年7月生まれ。
高知県民。
サラリーマンで1児の父。
当ブログ『ジャム・セッションin高知』の管理人。
高知市にて毎月1回ジャム・セッションを主催している。

【音楽活動】
エレキベース・ウッドベース(得意:R&B/Soul/Funk/HipHop 勉強中:Jazz)
Soul/R&B系のバンド「Soul Hood」ベース担当。
エレキベース出張レッスンもします。

【ライフワーク】
個人投資家(⇒2級ファイナンシャルプランニング技能士/AFP/四分の一天引き貯金/アセットアロケーション投資/中長期トレーダー)

Yusuke Shogaseをフォローする
おすすめ動画
Yusuke Shogaseをフォローする
ジャムセッションin高知
タイトルとURLをコピーしました