セッションに関する質問はこちらからどうぞ!

【名盤紹介】Stevie Wonder(スティービー・ワンダー)/『Taking Book』『Innervisions』『Fulfillingness’ First Finale』(三部作)

stevie-wonder-13-565b8
ポップス界のレジェンド、Stevie Wonder(スティービー・ワンダー) の曲を聴いた事がある人はおそらくものすごく多いと思います。
しかし、アルバムで持っている人となると、ぐっと人数は少なくなると思います。

Stevie Wonder(スティービー・ワンダー)は好きだけど、ベスト盤しか持っていないだとか、どのアルバムから聴けばいいか分からないという方の為に、俗に「三部作」と言われている、黄金期のアルバムを紹介します!



Talking Book』(1972)
img_0

  1. You Are The Sunshine Of My Life
  2. Maybe Your Baby
  3. You And I
  4. Tuesday Heartbreak
  5. You’ve Got It Bad Girl
  6. Superstition
  7. Big Brother
  8. Blame It On The Sun
  9. Lookin’ For Another Pure Love
10. I Believe (When I Fall In Love It Will Be Forever)

Innervisions』(1973)
Innervisions

  1. Too High
  2. Visions
  3. Living For The City
  4. Golden Lady
  5. Higher Ground 
  6. Jesus Children Of America
  7. All In Love Is Fair
  8. Don’t You Worry ‘Bout A Thing
  9. He’s Misstra Know-It-All

Fulfillingness』(1974)
img_0 (1)

  1. Smile Please
  2. Heaven Is 10 Zillion Light Years Away
  3. Too Shy To Say
  4. Boogie On Reggae Woman
  5. Creepin’
  6. You Haven’t Done Nothin’
  7. It Ain’t No Use
  8. They Won’t Go When I Go
  9. Bird Of Beauty
10. Please Don’t Go

 

この短期間にこれだけの名曲を生み出すなんて、この時期は本当に神がかっていますね!
現在もセッションで良く演奏される曲も多数収録されています。
曲単位ではなく、アルバムという作品としてStevie Wonder(スティービー・ワンダー)を聴くと、また違った印象を受けます。

その他にも最高傑作と言われる『Songs in the Key of Life』などもオススメなのですが、今回は3部作にスポットを当ててみました!

タイトルとURLをコピーしました