セッションに関する質問はこちらからどうぞ!

【名盤紹介】Anderson .Paak(アンダーソン・パーク)/『MALIBU』

この記事は約4分で読めます。

61bAG7gPuNL

Dr.Dre(ドクター・ドレー)が復帰作『Compton』にて大プッシュした才能あふれるシンガー/ラッパー/プロデューサー、Anderson .Paak(アンダーソン・パーク)のセカンドアルバム『Malibu』を紹介します!

まず、参加アーティストがすごいです。

プロデューサーにRobert Glasper(ロバート・グラスパー)、Chris Dave(クリス・デイヴ)、Madlib(マッドリブ)、9th Wonder(ナインス・ワンダー)、Kaytranada(ケイトラナーダ)、DJ Khalil(DJ・カリル)といった顔ぶれに、 Rapsody(ラプソディー)、The Game(ザ・ゲーム)、Schoolboy Q(スクールボーイ・Q)、Talib Kweli(タリブ・クウェリ)、BJ The Chicago Kid(BJ・ザ・シカゴ・キッド)らをフィーチャーしています!

そして、Anderson .Paak(アンダーソン・パーク)の最大の魅力である、シームレスに繋がる“歌”と“ラップ”と個性的な“声”。
全編を通してその魅力に溢れています。
そこに個性的なゲストが多様なサウンドが混ざり、バラエティに富んでいるのに統一性のある、そして飽きの来ない名盤に仕上がっています!
 



“Am I Wrong”
ScHoolboy Q(スクールボーイ・Q)をフィーチャーした、ダンサブルなナンバー。

“Without You”
Rapsody(ラプソディ)がラップで参加しています。
Hiatus Kaiyote(ハイエイタス・カイヨーテ)の曲がそのまま使われていたり、細部までスパイスが効いています!

“Celebrate”
こういうオールドなソウルもさらっと歌い上げ、しかも彼にしか出来ない特徴的な歌い回しも混ぜてくるところが天才的です!

曲目リスト

1. “The Bird
Produced by Anderson .Paak(アンダーソン・パーク)
2. “Heart Don’t Stand A Chance
Produced by DJ Khalil(DJ・カリル)
3. “The Waters” feat. BJ The Chicago Kid(BJ・ザ・シカゴ・キッド)
Produced by Madlib(マッドリブ)
4. “The Season | Carry Me
Produced by 9th Wonder(ナインス・ワンダー)& Callum Connor(カルム・コナー)
5. “Put Me Thru
Produced by Anderson .Paak(アンダーソン・パーク)
6. “Am I Wrong” feat. ScHoolBoy Q(スクールボーイ・Q)
Produced by Pomo(ポモ)
7. “Without You” feat. RapsodyRapsody(ラプソディ)
Produced by 9th Wonder(ナインス・ワンダー)
8. “Parking Lot
Produced by Anderson .Paak(アンダーソン・パーク) & Jose Rios(ホセ・リオス)
9. “Lite Weight” feat. The Free Nationals United Fellowship Choir(ザ・フリー・ナショナルズ・ユナイテッド・フェローシップ・クワイア)
Produced by Kaytranada(ケイトラナダ)
10. “Room In Here” feat. The Game(ザ・ゲーム) & Sonyae Elise(ソニア・エリセ)
Produced by LIKE(ライク)
11. “Water Fall” interluuube
Produced by Chris Dave & The Drumheds(クリス・デイヴ&ザ・ドラムヘッズ)& Robert Glasper(ロバート・グラスパー)
12. “Your Prime
Produced by DJ Khalil(DJ・カリル)
13. “Come Down
Produced by Hi-Tek(ハイ・テック)
14. “Silicon Valley
Produced by Dem Jointz(デム・ジョインツ)
15. “Celebrate
Produced by Anderson .Paak(アンダーソン・パーク) & Vicky Farewell(ビッキー・フェアウェル)
16. “The Dreamer” feat. Talib Kweli(タリブ・クウェリ) & Timan Family Choir(チマン・ファミリー・クワイア)
Produced by Callum Connor(カルム・コナー)

Kendrick Lamar(ケンドリック・ラマー)やThe Internet(ジ・インターネット)なんかが好きな人はバッチリハマると思います!

あなたのセッション用オリジナル曲を教えて下さい!
セッションに関する質問受け付けてます!
この記事を書いた人
Yusuke Shogase

1983年7月生まれ。
高知県民。
サラリーマンで1児の父。
当ブログ『ジャム・セッションin高知』の管理人。
高知市にて毎月1回ジャム・セッションを主催している。(※現在コロナの影響により休止中)

【音楽活動】
エレキベース・ウッドベース(得意:R&B/Soul/Funk/HipHop 勉強中:Jazz)
Soul/R&B系のバンド「Soul Hood」ベース担当。
エレキベース出張レッスンもします。

【ライフワーク】
個人投資家(⇒2級ファイナンシャルプランニング技能士/AFP/四分の一天引き貯金/アセットアロケーション投資/中長期トレーダー)

Yusuke Shogaseをフォローする
おすすめ音源
Yusuke Shogaseをフォローする
ジャム・セッションin高知
タイトルとURLをコピーしました