セッションに関する質問はこちらからどうぞ!

【オススメイベント】“あらまし” 第6回〜コード展開で盛り上げる〜

この記事は約2分で読めます。

14206017_1309485779096865_5824173044532420477_o
 
ミュージシャン向けのイベント情報です!

ジャム・セッションin高知の常連プロミュージシャン、 西岡良治さんによる講義エンターテインメント、“あらまし”第6回です。

前回、和音やインターバルの事について興味深い内容でした。

今回はコード展開についてですので、前回の延長線とも言える内容なのではないでしょうか?

セッション、作曲に役立つ事間違い無し!
 



【イベント詳細】
2016年9月20日(火)

open 19:30
start 20:00(120分)
¥1,000- (※ワンドリンク代別途500円が必要)
 

コード進行について「面白い」「美しい」「違和感がある」などの修飾語が使われるのは、それだけコードシンボルがハーモニーを構築できている証左です。ところでこういった「面白い」とか「美しい」コード進行、実際に使っていますか?僕は1曲の中に1パートくらいは「面白い」「美しい」と呼ばれるハーモニーを取り入れようと頑張っています。それは単に「珍しいことをやってやろう」という理由だけではありません。そういうパートがあることで楽曲全体が引き締まったり、他のパートをシンプルに聴かせることができるからです。
 それは何故だか分かりますか?
 今回の『あらまし』は、コード進行のイロハ(コードファンクション)と楽曲全体の構成(フォーム)を如何にして効果的に組み合わせるのかを考察します。「作る曲がワンパターンで・・・・」とか「イマイチ盛り上がりに欠ける」などなど、作曲マターでモヤモヤしている方は必見です。パリっとするコードレシピを伝授できると思います。またセッションの時に使えるコードバリエーションも触ります。ご期待ください。

12562837_10153829654738913_1971187287_o

西岡 良治(牛心。)

プロフィール
高知を拠点に活動する音楽家/ギタリスト。
1980年生まれ。
甲陽音楽院コンテンポラリーミュージック科卒業後、2005年より音源製作のキャリアをスタートする傍ら、2007年にアメリカBerklee College of Music(Jazz Composition科)に入学。
同年のDeans List(優秀生徒名簿)に選出される。

David Fiuczynski(デヴィッド・フュージンスキー)、Scotty Johnson(スコッティ・ジョンソン)、和田清茂、岸本耕誌などにギターを師事。

覆面作曲ユニット「TOTE ELIOT」、モダンジャズギターデュオ「銀牛」、「よさこいチーム‘ひとひら’」等で『牛心。-ushikokoro-』を名乗り活動中。
よさこい祭りの楽曲製作は100曲以上にのぼり、2014年には武政栄策賞を受賞。

beefsoulstudio主宰。

あなたのセッション用オリジナル曲を教えて下さい!
セッションに関する質問受け付けてます!
この記事を書いた人
Yusuke Shogase

1983年7月生まれ。
高知県民。
サラリーマンで1児の父。
当ブログ『ジャム・セッションin高知』の管理人。
高知市にて毎月1回ジャム・セッションを主催している。(※現在コロナの影響により休止中)

【音楽活動】
エレキベース・ウッドベース(得意:R&B/Soul/Funk/HipHop 勉強中:Jazz)
Soul/R&B系のバンド「Soul Hood」ベース担当。
エレキベース出張レッスンもします。

【ライフワーク】
個人投資家(⇒2級ファイナンシャルプランニング技能士/AFP/四分の一天引き貯金/アセットアロケーション投資/中長期トレーダー)

Yusuke Shogaseをフォローする
ライブ・イベント情報
Yusuke Shogaseをフォローする
ジャム・セッションin高知
タイトルとURLをコピーしました